雄阿寒岳
Mt.Oakandake 1370m

ペンケトウ・パンケトウ 
  阿寒湖の東麓にあるペンケトウである。北嶺(右奥)に微かに見えるパンケトウとともに、雄阿寒岳の溶岩流によって出来た堰き止め湖である。深さは、40m。湖面の標高450m。
  アイヌ語で、上流の湖沼、下流の湖沼の意味とか。同名の涸沼が、北海道には2つある。
雄阿寒岳
  阿寒カルデラ内に、その中央火口丘として噴出したもので、標高1371mの円錐火山である。雌阿寒岳と違い、現在は活動していないが、山体の大部分は、溶岩流の累積層からなっており、頂上付近には、数個の小火口と小溶岩丘がある。
  山麓から標高500m付近までは、トドマツ、エゾマツ、シラカバにおおわれている。1200m位からダケカンバ帯になり、それ以上はお花畑になっている。 
   北海道一周の途中、立ち寄った。当時は、今と違い横長のリュックが主流であった。すれ違うときは、横を向かないといけないので、「カニ族」なんて呼ばれていた。
  こんな格好で、北海道中を歩き回ったが、今では懐かしい思い出となっている。
阿寒湖と雄阿寒岳
 
 阿寒湖の湖面にボートを浮かべて撮影した雄阿寒岳。阿寒湖のマリモは特別天然記念物に指定され、現在は北部の2カ所にのみ生息している。
  
  深度1〜5mの湖底に生息している。水面の標高420m、長径20km、短径13kmの楕円形をしているカルデラ湖である。



阿寒湖東端
滝口〜太郎湖〜次郎湖〜雄阿寒岳

歩行 6時間30分
駐車場

阿寒湖湖畔 無料


6408/0012
TOP 北海道 東 北 関 東 中 部 近 畿 中国四国 九州他
Hitosh