摩周湖
Masyuuko

  摩周湖は長径7.5km、短径5.5kmのほぼ長円径のカルデラ湖である。カルデラ壁は、500m〜700mの高さで、急な崖となっている。流入、流出河川は無い。透明度が高く、1931年度の調査では41.6mで世界一位であったが、最近では30m以下に低下している。湖面の標高は351m、最深部は212mである。
  カルデラ壁の一部を覆う
カムイヌプリ(摩周岳、857m、写真右手)は、急峻な円錐形をしている。
  湖の中央にあるカムイシュ島は、長径110m、短径40mの溶岩円頂丘である。
 
 摩周湖は霧で視界が失われることが多い。我々の時も、瞬く間に霧で、湖面が見えなくなった。特に夏は、太平洋からの移流霧(湿った暖かい空気が、冷たい地表や海面上を移動するとき、その下層部が冷やされて発生する霧)で、視界が遮られる事が多いとのことであった。
  霧が出ると同時に寒くなったので、這這(ほうほう)の体で阿寒湖に向かった。



ルート

網走(泊)〜美幌〜屈斜路湖
〜摩周湖〜双岳台〜阿寒湖(泊)

         

6408/0006/0306
TOP 北海道 東 北 関 東 中 部 近 畿 中国四国 九州他

Hitosh