トップ>相談・生活支援事業


  肢体不自由等及びその家族の地域生活を支援し、

QOLの向上、介護の軽減、障がい児の成長を図ります。

 また、障がいのある人もない人も共に生きる共生社会の実現を目指して

関係機関・団体との緊密な連携調整の下に、

各種支援を行うとともに各種相談に応じ、

問題発生の予防に努めます。

1.相談支援

    肢体不自由児(者)等及びその家族の方々の福祉、教育、生活、医療等の総合的な相談に対応できるように
   専門支援相談員体制(所内相談、訪問相談)を常に整備し、情報提供・アドバイスを行うとともに、必要に応じて
   関係機関と連携して解決に努めます。

2.団体活動の助成

    関係福祉団体の活動に職員やボランティアを派遣し協力するとともに、親の会、当事者グループ等団体の活動を
   助成することにより、団体の目的達成のための活動の促進を図ります。

3.ボランティアの育成

    障がいがある人との出会いと理解を進めるためボランティア活動を推進します。その方法として、障がある人が
   参加する行事等の機会を活かして広くボランティアを呼び掛け、事前学習(福祉の理解、障がい者理解、
   コミュ二ケーションスキル習得等)並びに事後の振り返り(傾聴、ヘルパー・セラピー、自己肯定感確認等)の
   充実に努めます。
    また、ボランティア活動についての知識・情報提供、技術習得支援、価値・倫理へのアプローチの他、
   ボランティアグループへの  助成・支援を行います。

4.自立生活支援


    ノーマライゼーションの具現化を目指し、どんなに重い障がいがあろうとも、各種制度を利活用し、
   地域の方々の協力を得て、地域の一員として普通に暮らし、地域で自立した生活を送ることができるように、
   相談、トレーニング等を通して支援します。
    @個別訪問   個別訪問し各種相談に応じるとともに、コミュ二ケーション支援、IADL(手段的日常生活動作)
              トレーニング等の生活支援を行います。
    A体験学習   家庭から離れて、県障害者福祉センターを利用しての日帰り体験、宿泊体験を通して地域での
              自立生活を目指します。


トップへ戻る