2004年 釣行記 

 


少しづつ買い揃えてやっとこさ完了したマイゴムボ・サンダーバード2号! 20kgを超えるバッテリー+エレキ本体10kgと合計30kg以上増加してしまいましたがそれに余りある「余裕」を与えてくれました。釣れなくてもだらだらと海上をゆったりとしたスピードで走っているだけでも十分癒されるんです♪
相変わらず出かけても天候不順などで中止って言うことが多いですが自然相手に無理しても仕方ありません!いつものとおりゆったり・まったり・・・のんびりと遊んできました。これが私のスタイルかも・・・!
お魚を多く釣るための技術は全くといっていいほど記載されてはいませんが、こんなアバウトなゴムボ釣りのスタイルがあっても言いと・・思います。一人よがり・・・これからも続けますよぉ〜!


2004.11.23


半年振りのゴムボ in 長浜


 いやはや、早、半年が過ぎてしまいましたか!?ゴムボ・半年ぶりの出動でした。それも「男のロマン」付きで・・・、かつ、いくつかの「性能TEST」or「機能試験」を兼ねて・・です。
 数日前よりバッテリーは準備万端。職場より急ぎ帰宅後、あわただしく「ぴんき」のお散歩(わたくしの日課なのであります・・・健康のため・・・ですからぁ〜!)を10分程ショートカットし、準備に余念がありませんです♪
 出発は22:30。途中、トイレタイムやロマンセット購入、お魚用エサなどを購入しつつ、現地、長浜海岸には01:00に到着です。セコク一般道を走行したせいか
距離も20kmほど余分でした。で、現着後、ルーフベッドをセットし即、ロマンモードに! 深夜にもかかわらず数台のアベックと思われる車が車内を曇らせながらなにやら怪しい雰囲気!?エンジンかけっぱもいるような・・・。



「男のロマン」セット一式!
小さめのクーラーボックスがテーブル代わりで12LEDのランタン(最近入替、元はもっとみすぼらしく暗かった・・・)の明りの元、これも「今回に限った」角ポケットビン。つまみはポテチとバタピのみ・・・。
写真にはありませんが「手回し発電式AMラヂオ」がサミシさを紛らわせてくれます♪
(正直に言うと通常ウィスキーはREDかトリスクラスがベター!?)


 1時間ほど寂しく過ごした後、就寝!
 明け方にはちょっぴり冷え込みました♪ シュラフに包まり直したくらいですから。
 目が覚めたのはほぼ 7:00。もうすでに何隻かは出航後のようです。で、急ぎ準備。
 今回は目的がありまして・・・ @補強底板のTEST AドーリーもどきのTEST まぁついでにゴムボセットの手順ももう一度正確に・・・とやることはタンとあります。「まぁ・・つれなくても仕方あるまい!」などと最初からあきらめ気味です。

 で、まづは、ゴムボのセット


ゴムボSET

@ボートカバーセット      Aボート本体セット       B銀マットセット

C底板(4分割)セット    D補助底板セット(後ろ2/3)  Eゴムマン配置

F電動・エア注入       G手動エア追加注入      H座板セット・・・ほぼ完了


 補助の底板は底面の2/3程度を一枚のベニヤ板をカットし重ねて乗せただけのものですが強度が明らかに増加しました。洋上で立ち上がりも可能になったくらいです。付属の底板だけのぐにゃぐにゃ感がほぼ解消されました。それほど重量増加も感じませんでしたから、モアベターですね♪


ドーリーもどきTEST
    
   ドーリーもどきの高さはピッタンコでした!   もどきに後部が乗っているだけ♪
    
     軌跡を見ると何事もないようですが・・・、バランス悪くて・・使えません!!


 「ドーリーもどき」は写真でもわかるとおり、座板からはみ出しているのでボート上の居住性がいまいちでした。それになんといっても、25kg近いバッテリーをゴムボに摘んだままでの移動は困難でした。 ←車輪間隔が狭いため、左右のバランスが取れず傾く→バッテリ動く→横転 ・・・いわば使いもんになりませんでした。とはいえ、バッテリさえ乗せなければ何とかだましだましは使用できましたが・・・。座板との高さはぴったりでしたから。「マイブーム」で書き込んだとおり大幅な改造が必要な様子です。大幅といっても真ん中で切断し座板の左右に車輪を分散し、ネジ留めするだけですが。
 まぁ1stチャレンジですからこんなもんでしょうね!次回に期待です♪


 今回のお出かけで、これまで経験のない最大アクシデント発生です!!

 エレキのお力で沖に向けて走行中・・・ふと・・・気づくと・・・

 エアが抜けて・・・ゴムボ後部(エレキ取付部分)がよれよれしてるんです!!「空気が抜けてる! がぁぁ〜〜〜ん!」急に沈むことのないゴムボとはいえ、目の前真っ暗です。今回いろいろ実験している何かがボート本体を傷つけ穴でも開いたのかも・・・。真剣にそう思いました。幸い手動のエアポンプは念のため積み込んでいましたので、ボート上でのエア追加注入なのです。胸筋・・・鍛えられました。ほぼ20分に1度の割りで追加・追加・・・また追加なのです。そんなこともあり・・・沖に出る勇気はとうとう沖ませんでした・・・くす!


エレキがどれくらいで走行できるのか・・・動画にチャレンジしてみました。ちょっぴりだけでも雰囲気伝わればいいのですが・・・。



 ☆☆ お試し「ゴムボ+エレキ走行動画」 ☆☆



 おっと!釣果・・・何も触れていませんでしたね。残念ながら・・・悲しいくらいです。キス、キュウセン・・・それに・・・


   
   この方にはすぐに帰っていただきました    キューセンはテンプラでほくほくいただきました


 エア抜けのせいで昼には早上がりし、速攻帰宅後、いつもはめったにしないゴムボ本体のチェック(水洗い・検査)でもとうとう「穴あき」は発見できませんでした。どうやら エア注入口のねじ込みの際、はずれ予防のパッキンがネジ部にかんで、十分機能せずそこから漏れていたような・・・。30分以上地上でエア抜けは起きることはありませんでした。
 海上でのパニック嘘のようです。 まぁ久しぶりに綺麗になったし・・・まぁいいか♪

 久しぶりのゴムボ釣行! いやはやいろいろありましたが・・・楽しかったっすよ♪


 お写真データ :ソニーサイバーショットU(初期型:130万画素、20%に縮小) 動画も同じ

 

2004.11.20

カニ初挑戦ツーリング


 本当なら前日から「男のロマン」と決め込むつもりでした。だがしかし、お仕事の関係から「接待」が入り、前夜泊が困難なため、ゴムボは先送り・・・。
 で、子マジェのならしと、390円也で購入してあった「カニマンション」を初稼動させるため「O磯」にカニツーリングとなりました。某釣具店の[O磯」情報に「カニ・タコ期待!」とあったため・・・おいしいカニさん食べたくて・・・ ←はっきりいってがっつきです!
 エサは本来ならイカが望ましいようでしたが近所のスーパーで値段を見たところ、速攻・・・イカを諦め一匹89円也の冷凍サンマを購入。初の子マジェによるカニ採りツーリングです。少々手をいれた「Oリング」と100均小物により後部座席に何とか「カニマンション」もセットでき、一路湘南O磯港へ! 片道40kmの行程です。

 子マジェ、本当におもしろいです。 信号待ちしていても、原チャリのオネーサンに遅れをとることもなくなりましたし、親マジェと並んでも一線下がって停車することもなくなりましたね。 これなら・・・曲芸の熊には・・・見えまいて♪
そこそこ流れに取り残されることもありませんし、後ろからあおられるようなこともありませんでした。やるなぁ・・・子マジェ君!

現地到着はほぼお昼!昨晩までの雨のせいか、比較的すいていましたね、港。
180円也のひも付きバケツのロープをセットし・・・第一投♪
あとはひたすら待ち時間・・・。30分はそのまま放置します。で、その間、暇ですから、暇つぶしに用意した「出張・ルアーセット」による時間つぶし。なにも針がかりはしませんでしたが何度か小さな当たりはあったのですが・・・アームが・・・泣

 マンション投入後、40分ほど我慢の結果、第一投で・・・カニさんが!!種類はわかりませんが「食べられそうな」大きさです。しっかりキープし、「このままだと・・・クーラーボックス、カニだらけかも♪」とホクソエミます。
 が、結局、16時に最後の網を上げた時に、小さなアカチャンガニがいたくらいで、唯一の収穫だったんです。

 一時間半ほどで帰宅後、即、味噌汁でおいしく成仏していただきました。ちゃんとカニさんのおだしでてましたよ・・・ご馳走様でした♪

なお、帰る直前にヂモティーのおぢーさんがおっしゃるには、先週は結構大きいのがたくさん採れていた模様・・・。昨晩の雨のせいだったんでしょうかね? 堤防でお魚釣りの人たちを覗いて歩いたところ、イシモチ、キス、メゴチ、メジナ・・・そこまでは自分の目で確認できました。 夕方からのカタクチイワシや少し前まで湘南ではイヤというほど釣れていたサバの姿は・・・多分・・・帰路についたあとではなかったかと・・・思います。未確認ですが・・・ね。

 さぁ、次はいよいよ・・・ゴムボ・・・かな?まごまごしてると冬に突入しちゃいますから・・・ね♪

 
    
      子マジェ・カニ仕様!?            唯一の獲物・・・なんちゅうカニかは不明
   (背もたれのカニマンションわかります?)


  お写真データ :ソニーサイバーショットU(初期型:130万画素、20%に縮小)


 

2004.09.27

出張でハマちゃん化?


 目面しく出張するチャンスがありまして・・・それも伊豆七島の某島。
 本来なら2泊3日の予定が天候不順のため飛行機が飛ばず・・・往路は高速ジェット船で早朝の出発でした。実は約30年ぶりの訪問になるんです。学生時代の何週も同じ民宿に泊り込み大いに遊ばせてもらったところでもあり、仲間の一人は当時遊びに来ていた女性と仲良しになり結婚、今では孫までいるという・・・昔懐かしい島でもあるんです。
 さすがに表題のとおり「ハマちゃん」同様本格的な釣り道具持参というわけには行かず、ボストンの隅にこっそりとルアー用パックロッドとメタルジグ少々、ワーム少々を忍ばせお出かけしました。とはいえ、海に向かえたのは早朝の1時間程度でしたが・・・。それでも楽しかったですよ♪

 唯一手にできた魚といえばお写真のとおり・・・1匹だけ。5cm程度の白い夜光ラメ入りのワームにきた・・・多分、ハゼの仲間です。(正式な名前はわかりませんが・・・がっつきな奴でしたよ)
 堤防釣りをする人があまりいないせいか・・・飢えた狼のごとくワームを食いちぎるんですよね!数秒でボロボロの残骸になるんです。あんなプラスティックたべちゃうんですから・・・恐ろしい♪ 一度は巻き上げて海面から離れると同時に20cmくらいの同じ魚がジャンプし食いつこうともしましたから・・・驚きです。
 残念ながら手にすることはできませんでしたが、赤色系のメタルジグに多分ヤガラだと思いますがヒットし、取り込み直前でばらしってのもありました。40cmくらいありましたかねぇ・・・。写真に収めることができず残念でしたが・・・。

 サビキの浮き釣りををしていた人は20cm程度シマアジや同じサイズの名前のわからないお魚、30cmを超えるメジナなど・・・やはりえさ釣りにはかないませんでしたが・・・。一日のんびりとできればそれなりの釣果が見込めること間違いありませんね。
 今度は「お仕事のついで」ではなく・・・道具持参で遊んで見たいものです。


        
          唯一取り込めたハゼ科の・・・?   サイズはあっても15cm程度
 
        
       サーフィンでも有名な島です!   9人乗りセスナは体重で座席指定されます♪


  いよいよ次は・・・ゴムボですよね・・・!!乞うご期待!!


2004.09.03

沼津の太刀魚(ドライブ?)


 前週、台風16号の影響で延期されていた職場の釣り仲間との釣行です。
 とはいっても・・・タイトルどおり、沼津までのドライブ・・・でした♪

 沼津のka○○丸から、18:00出船。職場から3時間程度の余裕をみたのですがいやはや渋滞で・・・。1時間前の集合時間だったんですが久しぶりに気合の入った高速走行でした。ぎりぎり何とか間に合ったものの、仕立てができる人数が揃わなかったこともあり今回は乗り合いです。当方のグループ8名のほか、一般の方6名。合計14名での太刀魚釣りでした・・・。

 前日。ほとんど釣れなかったために少々遠征するとのことで40分少々の船旅。久しぶりの第1投は、やはり心躍るものです。が・・・が・・・・あたり・・・ないんです。船中1匹目は私にきた小ぶりのサバ!見事なサーベルなんぞ・・・だぁれも・・・釣れません。移動を繰り返し・・・結局、納竿1時間ほど前にばたばた・・・と数名・・・ほんとに2〜3人ですがやっと型を見た程度。寂しい釣果となりました。多分われわれの仲間が釣った太刀5匹以外は・・・。外道に30cmを超えるイシモチとかアジサバ程度は見ることができましたが土産には程とおり始末。
 で、時間切れでした。釣果は初のお魚釣り・初の乗船で・・・船酔いしつつ諦めなかったお嬢さんに差し上げ・・・キロについたのであります・・・しかし、久しぶりに寂しい結果でしたよ・・・合掌!!


   
   少なかったですが大きなものでm弱指4本          同行のお仲間です


  次回はゴムボで・・・お出かけするぞぉ〜〜〜〜!!


2004.08.01

掟破りのマス釣り in 中津川


 少々早めの夏期休暇は台風の直撃でほぼ活動停止状態でした。だがしかし、最後の最後のあがきとして、四国・中国地方を台風が通過しているころ、娘ともども過去一度挑戦したことのあるお近くの中津川マス釣り場を訪問しました。数日前の夕食のマグロの刺身の残りを持参しつつ・・・。
 我が家からは約45分程度で到着・・・、入場開始が7時ですのでその時間にあわせてチョッピリ早起きです。入場料・釣り券3100円也を支払いすぐそばの釣り場にGO! 比較的早かったせいか、5〜6組目でスタート。一回目の放流が9時にため、残りマスを狙います。まぁぽちぽち・・・ですね。終日エサはマグロだけで通しましたが入場の際、ぶどう虫購入するも・・・結局1匹のヒットもありませんでしたが・・・。

(放流は休日の場合、9:00、11:00、13:00の3回だそうです。今回は3回目を放棄し早期帰宅しました。また、当日はマスのつかみ取りツアー?も行われており団体客エリアは大変に賑やかでしたよ!)

 なんといっても、竿出されている方の少なさ、大部分の方は水遊びやバーべキューのため竿だしていないんですよ・・・。おかげさまで、釣果はご覧のとおり。久々に面白かったですよ。30を超えることができました。まぁスーパーで1匹100円程度で買えることもありますからコストパフォーマンス抜群です。やはりひとつの区域で一人しか竿だしていませんから私達のエサに食いつくしかなかった・・・わけで・・・。
十分楽しませていただきましたよ。お蔭様で日焼けもバッチリ!気持ちいいくらい・・真っ赤に・・・とほほ。
 海は当分。お休みということになりそうですが・・・まぁ・・・ぼちぼち・・・なにか探しましょうね・・・。


    
  
それほど日差しは強くはありませんでしたが・・・      娘大満足!
    
     釣果の一部(当日の夕食に)         日焼けあと・・・
      


2004.06.05

2度目の楽チン 長浜海岸


 ギンパリーさんとのアポが取れたのが前日。それほど急激なお出かけでした。直前まで行く先は未決。平塚or長浜・・・迷いました。で、結局足場のよさそうな長浜海岸(なはま・・・と呼ぶそうです)の駐車場で待ち合わせに決定。さすがに今回は「男のろまん」 は中止。本当は絶好の場所だったらしく当日朝、お泊りしている何台かの車を確認できました。よっしゃ!次は長浜で男のロマン・・・ね!

 海上での楽チン写真を取っていただくってのも今回の目的のひとつでした。それといくつかの改造の確認・・・もちろんお魚は釣るぞぉ〜!ただし、初出船の場所ですから何が来ることやら様子はわかりません。で、エサは青イソメとアミこませ。結局こませはほとんど使いませんでしたが・・・。

 前回、ゴムボの準備手順をのせましたので今回はギンパリさんにお願いして漕ぎ出すまでを記録していただきました。(ギンパリさんに感謝!)

       
        普通のゴム長なもんで・・・慎重に!    あ!海水が・・・・
       
         バッテリ重いんで沈んでる・・・     戻されないうちにあわてて・・・
       
         ここまでくれば・・・            まだまだ・・・沖へ♪
       
         エレキとバッテリ接続        うひょうひょ・・・気持ちよいですぅ〜
       
         こがずにスイスイ・・・          前を向きなさい前を!!


 工夫した銀マットとエレキマウントはなかなか快調でしたよ。
 で、それほど沖合いに出ずに第一投。いきなりキスくるんですよぉ♪なんか釣れすぎちゃっても困るなぁ〜なんて思ったのもつかの間・・・。いちにち、ぽちぽち・・・でした。それほど沖合いに出なければ水深は10m前後でアンカーの上げ下ろしも苦労しません。多分、高ぁ〜いお魚狙わなければ・・・近場で十分かも・・・です。
 さすがにボート釣りの聖地と言われるだけあって、マイボートの方はかなりいらっしゃいました。確認はできませんでしたがよく拝見しているHPの方も数名お見かけしたような・・・。
 12時を過ぎると風が変わり早々に帰還しましたが、海岸は家族連れやカップルなどで大賑わい。上陸場所に気をつけないと、もう泳いでいる人がおります故、注意が必要です。それと・・・女性の○○姿が・・・あちこち目移りしちまうくらいっす。やはり夏はいいですねぇ!とはいえ、日焼けには要注意です。長袖長ズボンでしたが、手の甲・首は日焼けで真っ赤・・・・(帰宅後判明) 日焼け止めは必需品ですね。
 海岸の混雑で、片付けは自宅で行うつもりで速攻帰宅しました。ただ、バッテリの重さはやはり相当なものです。腰やられちゃうってお聞きしますが・・・間違いない!! 
←はやりのギャク風に!

 ギンパリさんのを見て・・・、次の課題は「ドーリー」ですな!さらに楽チン化を目指して!
              
(ギンパリさん無断掲載・・・ご容赦)


              というわけで 本日のお土産

             
    最大のキスは23cmでした。釣れた時はもっとおおきかったんですが・・・モゴモゴ!


2004.05.22

天候不順で玉砕(金田湾)

 ゴムボ仲間のギンパリーさんと急遽お約束して金田湾に出撃を決めたのはほとんど直前でした。おりしも今年本土最接近している台風のほぼ直後!
四の五の言いません!

 
結論:ゴムボ出船不可・・・さみしくドライブで当日完了♪
 

 当方前夜に出発。いつものとおり「男のロマン」です。現地到着はほぼ0時。さびしくわびしくひとり飲み会。車内での明り不足を痛感し後日LED12球のランタンを購入しましたが、このときは低温蛍光灯1、高輝度LED1のほとんど闇!とはいえ手回し発電式ラヂオで深夜番組なんぞを聴きながら・・・ひたすら睡眠に向けた「ヨッパ」状態に突入です。
 翌朝目覚めたときは、即、中止と決めざるをえませんでした。レンタルボートもおやすみ・・・。まぁ様子見にいったと思うことにして「勘弁してやる」ことにしました。
 ところで・・・、金田漁港から海岸に降りるための階段が朽ち果てておりました。ほぼ1年ぶりに確認。漁港泊・砂浜発ってパターンがとれそうもありません。どこか駐車場直近の海岸を探さないと・・・!


           
            台風直後はやはり・・・        朽ち果てた階段


2004.05.01〜02



楽チン化レポート&男のロマン&初釣り


 昨年同様、一年ぶりのゴムボ釣りです。やはり1年間車内での放置は多少不安が残るものの、動力追加されたサンダーバードU号はきちんと仕事してくれました。以下、レポートです。
 ただし・・・、
結論、先に言っちゃいますが、釣果は悲しいほど・・・。キス2・メゴチ1のど貧果でしたから・・・釣行記とはいえない内容ですので・・・。お魚釣りのテクニックなんぞをご期待の諸兄はどうぞ読み飛ばしを・・・サミシ・・・。


 今回の目的はお魚との出会いももちろんですが、昨年末からひそかに進めていた「ゴムボ楽チン化計画」の実行が第一なのですぅ〜! 
←実は言い訳だったりして・・・


男のロマン

 バッテリの充電を含め準備万端のはづ・・・でしたが・・・。久しぶりに現地到着後の野宿(車内泊)の目的地は、連休中ということもあり、ちょいと足を伸ばし過去にも何度か「男のロマン」経験済の房総半島富浦に決定。
 出発は夜7:00。 ・・・物の5分も経たないうちに忘れ物に気づき・・・リターン。帰りに利用する予定のカーフェリー割引券を取りに戻ります・・・。 
←失敗@
 天気予報をろくに確認しなかったのも失敗でした・・・。予想外に気温が低下し、ブルブル震えることになるとは・・・。 
←失敗A
 まぁ・・・自分が考える「男のロマン」とは、あくまで貧乏くさく、寂しく、わびしく、一人ぽっちで「なんでこんなことしてるんだろ?」って思える程度のものと自己定義してるわけで・・・、そういった意味ではいくつかの失敗はそれはそれで面白いことにもなるんですけど・・・ね。

 カーナビの案内してくれるルートは、東京湾横断道路(いわゆる川崎〜木更津間の海底トンネル・・・通行料3000数百円也)を指示しておりましたが・・・、ひたすら貧乏に東京湾をぐるっと回り込むルートを走行しました。首都高湾岸線、首都高速、東関東自動車道、京葉道路、館山自動車道・・・。まぁ・・・高速料金はほぼ半額ですので・・・ね。
 ただし・・・海底トンネル利用すると約120km・2時間程度が結果的に走行距離200km、現地到着23時でしたから倍の4時間はたぁ〜っぷりドライブできた訳でありますが・・・。 途中、エサの青イソメとジャリメ(各1パックづつの計1200円)を購入。貧乏くさくとは言いながらここは省略できないところです。時間の余裕はありましたので現着後、何組かの方が車中仮眠?しているところに駐車し、なにか釣れていればエギでも投げるつもりでしたが・・・だぁれも釣りしておりません。それでは・・・と・・・、一人宴会開始です。
 ここでまた一発ボケかましちゃいました。駐車後、寝床確保のため「屋根のテント」をセットしようと何度か試みましたが・・・開いてくれないんです、屋根の電動テントが・・・。安全のためにいくつかの手順を踏まないことには開かないんですけど・・・何度やっても屋根が上がりません・・・。壊れちまったのかいな?と不安になりつつ・・・半分あきらめて、まぁ・・・後部座席で寝ちゃえばいいやって一人宴会スタート。ビール・ウィスキーと袋物のおつまみで・・・暗ぁ〜いライトのもと・・・手回し式の発電ラジヲに耳を傾けながら・・・。多少酔いが回った頃・・・ふっと気が付いちゃったんです。屋根を開く手順に一つ漏れがあったことを・・・。@エンジン始動AギアパーキングBテントのロック解除Cテント開放ボタン・・・実はパーキングと同時にサイドブレーキ引いてないと動作しなかったのです・・・。 
←失敗B
 無事、寝床確保後安心して一人宴会の続行。そこそこ・・・酔いが回り安心して2階の寝床に・・・。ウレタンマットに薄がけで寝るべく横になったのですが・・・。
駐車したところがほとんど波打ち際で・・・寄せる波音、引く波音・・・風の音・・・いやはやうるさいのなんの。それに・・・寒いこと寒いこと・・・。 場所の選定は重要なチェックポイントでした。 
←失敗C
 しっかりしたシュラフを引っ張り出し再度睡眠に挑戦した頃にはもう2時を回っておりました。その後熟睡・・・。

起床は5時半。 周りは車で結構いっぱいです。いやはや熟睡しすぎちゃいました。レンタルボート屋さんはと見るとボートの準備を懸命にしております。これも私のこだわりなんですが、レンタルボートが貸し出ししないときは出船を見送ります・・・なんといっても臆病ですから・・・ね・・てへ!
ゆっくり準備に入ります・・・。と、その前に一仕事。
実は富浦ではボート屋さんがレンタルしている砂浜とは別に、脇が漁港になっておりいかにもボートの出しやすそうなスロープがあるのです・・・。砂浜は比較的遠浅で、大潮の干潮時には遥か沖合いでボートを下り、押してくる必要がありまして・・・。で、何とかスロープ使わせていただけないか、漁業関係の方にお断りに・・・漁協へ・・・。ところが臨時休業だったとかで・・どなたもおりません。とはいえ・・・勝手にスロープ使ったなどとトラブルになることもあるとかを耳にもしますので・・・誰かいないかぁ〜ってな調子で漁業関係者を探すこと数分・・・。唯一、漁の準備をされていた方に聞いたところ・・・「大丈夫ぢゃぁないかなぁ・・・?今日は臨時い休業だし・・・」とのお言葉を信用し、スロープ利用させていただくことに・・・。それからおもむろにボートのセッティングです。


ゴムボセッティング
 今回のメイン儀式でもあります「ゴムボ楽チン化計画」実行の時であります!オークションを多用し必要なものは準備OK。これまでそれほど余裕なかったためにセット手順などの記録なんぞできなかったのですが・・・ここは一世一代の楽チン化スタートの日ですから・・・きちんと記録することにしましたのであります。
一年ぶりでも特におかしなところはありませんでした・・・・ハイパロン万歳であります♪

        
          @ボートカバーを広げ         A本体セット後、底板の前後を合わせ・・・
        
          B盛り上がった真ん中を押し込み   Cマウントセット後エアポンプで・・・
        
          D仕上げは・・・手動ポンプで      E座板その他セットし出船場所へ・・・
                                  (バッテリ、クーラは・・・まだですけど・・・)


 DとEの間には、「エイヤっ!」と車脇からスロープへ10m程度ちからわざが。(多くの場合砂浜でセットすることが多いので今回だけかも知れませんが・・・)
 Eのあと、バッテリ移動・・・、これは距離長いと地獄見ます。なんといっても105Aもので約25kg程度あるそうですから・・・下手をすると腰やられるそうです。先輩方も多数腰痛と戦っておられるとか・・・。十分気をつける必要あり!なのです。で、セット後、バッテリとクーラーボックス、新規購入のショートワンピースロッドを積み込み・・・出船!!ワクワク・・・ドキドキでした♪ で、バッテリ接続後、エレキon!!!
わぁ〜〜〜〜〜い!動くぅ〜〜〜〜!音はほとんどしませんが・・・ゆっくり動き始めます!スイッチ最速にすると・・・もちろんエンジンほどの加速感はないでしょうが・・・グンと加速します、人が歩く程度ってのが・・・良い表現であることを実感できます。それに決して波きり音とまではいえないまでもボートの先端をたたく波の音・・・いやはや・・・極楽ぢゃぁ〜〜〜〜♪
陸っぱりの人からの注目のなか・・・(誰も注目しとらんつぅの・・・)姿勢を正し・・・りりしく・・・出船。 が、が・・・ですよ、あることに気が付きました・・・がぁ〜〜〜〜ん!
エサ忘れちまいました・・・、それにコントローラーバーの延長ツールも・・・。 
←失敗D
それになんといっても・・・風が吹く中、シャツ一枚で、上に羽織るものがないっつぅのも・・・敗因なんです。とちぅからあまりに寒さにカッパ着用したんですが・・・寒さには勝てませんでした・・・。 
←失敗E
おまけついでに・・・忘れ物取りに戻ったあと、離岸時・・・焦りがあったんでしょうねぇ・・・早すぎたエレキセット後のスイッチONで・・・ガリガリガリガリ・・・。まだ浅かったのでした・・・。気が動転しながらも・・・ペラは大事なかったのが幸いでした。 
←失敗F

 湾内から出ると比較的うねりがありまして、エレキの最速でさえバタンバタンとスプレー浴びる始末。びちょびちょも困りますので3〜4速でたらたら・・・です。でもてこぎに比べたら、なんと楽チンなことか・・。あぁ〜これだったんですねぇ〜ルンルン・・・ってな調子で、曳き船されて集結しているレンタルボートそばまで・・・移動したのであります。途中、うねりにあわせ操船の練習をば少々。あっちへふらふら、こっちへうろうろ・・・なかなか面白いです。まぁ音なしですからねぇ・・・。体力使うこともなく釣り場に移動できるなんて・・・ウッヒョウ〜なんです。でも。操船に際し、座るポジションなどいろいろ工夫の余地がありそうなことを感じつつ・・・第一投♪
風と潮の流れでかなり仕掛けが流されます・・・。ボートも本来なら流し釣りがベターなのでしょうが・・・あまりの強風で・・・アンカー使用するも・・・ずるずる状態。
なん投かのあと・・・キス特有のブルブルで・・・
今年の初キッス!

     
      今年初めてのキス(いつ見てもきれいっす!)      ウサギは写っていませんが強風です♪

 強風でレンタルが少しづつ、沖上がりする様子を眺め・・・寒さに震えつつ・・・やぁめたっと!あきらめの早いことは人一倍かもしれません。結局出会えたお魚はピンギス2匹と豆メゴチ一匹だけ。
正味竿出していたのが一時間足らずでした。
港までの帰りも快適そのもの・・・♪楽チン化計画様様なのであります。これで凪であれば・・・、陽気が暖かければ・・・、所詮はタラ・レバですけど楽しいお魚釣りになること請け合いです。

レンタル出船の人たちもほとんど釣れ上がっている様子は見てとれませんでしたので皆さん同じような物だったのかもしれません。ただし、しっかり粘っている人たちもおりましたからそこそこ釣れていたかも・・・です。

体力をほとんど使いませんでしたので、上陸した9時頃にはゆっくりのんびりお片づけ開始です。時間のゆとりがあるせいか、底に擦り傷が何箇所か見つかり帰宅後の修理の必要性をチェック。最低2箇所は修繕の要ありと見ました。
とはいえ、ボートカバーのおかげでスロープの牡蠣がらの影響もなく・・・砂の影響も少なかったことからゆっくり片付け完了です。

 港内での陸っぱり状況をチェックしつつ食事をとりつつ(といってもパン一個ですけど・・・男のロマンですから・・・ね!)二時間ほどの片付け後、帰路につきました。帰りはカーフェリー利用ですから楽チン化×2倍なのでした・・・。


最後に
 何人かのゴムボート先輩諸兄の楽チン化計画導入、身をもって体験できました。いやはやほんとに楽チンなんです。多少の投資も必要ですが小遣いの少ない「私でさえ!」こつこつオークションなどの活用で準備できたのですから・・・絶対お勧めしますよぉ〜!次のお出かけが楽しみになること請け合いです。
さぁて・・・次は連休明けにホームグラウンドでも・・・かな?
「失敗もまた楽し♪」ですよぉ〜!