2005年 釣行記


2005年・・・、大変情けない目標ではありますが、「年間ゴムボ6回以上」を始めてクリアできた年でもありました。あくまでマイペースではありますがバイクによる岡っぱりもそこそこお出かけ。驚くほどの釣果にはお目にかかることはありませんでしたが楽しい年でした。あくまで記録更新が目的ではありませんがこんなゆったりとしたお魚釣りを続けていきます!


2005.11.26


今シーズン最後の金田湾?

金田湾でのレンタルボートは11月最終土日から3月末まで長めの冬休みになるようです。かつ11月は土日しか営業していないようです。とはいえ、カレイ情報が聞こえており、週末ごとに30〜40cmくらいのカレイが釣れ盛っている様子。
これまで年初めに「年間ゴムボ出動6回以上!」などという目標を立てているにもかかわらず、なかなかクリアできなかった例年でしたが、なんと今年は今回で6回目。やっとこさ目標クリアできたようです。 ←それにしても少ない目標でしょ!?
まだ今年の総括には早いですが、堤防釣りも含め今年は随分お出かけできたようです。残念ながら釣果には恵まれませんでしたが・・・苦笑。

HP仲間のツキさんのお誘いもあり、カレイ目当てに多分今年最後になるであろう金田湾にお出かけしたのは、例によって金曜深夜発・・・男のロマン付きであります。
さすがに23時を回るとシーズンオフの海岸向けの有料道路は結構がら空き状態でした。でも何度か拝見した「覆面」様を十分に警戒しそれほどあわてることもなく、男のロマンセット購入後に、宿泊場所に到着したのはほぼ0時半。最近あまり当たらないヤッホの天気予想でもほぼ晴れ、波1m。前夜もそれなりによい天気。久々に眺める冬の夜空に星がきれいでした。
車上テントをセットし、電動車内カーテンをセット後、星に酔うこともなく一人宴会即開始。すっぱいイカ、ポテチ、バタピ。ビールとウィスキーのサイダー割り。深夜のフルセットです。薄暗い12LEDのランタンの元、手回し式発電ラヂオからは今でも延々と続いているオールナイトニッポンが流れます。(1分程度の発電で30分くらい使えます。ボムボ上でも緊急情報収集用に常時活用しております) いつもはあまり出入りのない駐車場ですがこの日は結構出入りありましたね。まぁアベックが入り込んでくることはないでしょうが・・・、赤灯を点滅させたミニパトまで巡回してましたもん♪まぁ周りにまどわされることはありませんでしたがやはり深夜の人の出入りは気になりますね。ほろ酔い加減で就寝はほぼ2時。さすがに寒くなりやしたが、車上テントは密閉状態にし、冬用シュラフで完全武装するとそれほど寒さも気になりませんでした。ただ、明け方の「一人暴走」には多少起こされてしまいましたが・・・ね。

風邪の影響でお出かけ可否が不明だったツキさんからのモーニングコールで目覚めた次第。どうやら大事に至らず出船可能のようです。寝ぼけた声ですみませんでしたぁ〜!完全に熟睡だったもんで。ツキさんはもう現地に到着した様子、すぐに準備されたようです。寝ぼけまなこでごそごそと起きだし、トイレを借りたり、エサを買いに歩いたり・・・何やかんやで、ゴムボ準備開始が7時半でしたから・・・釣果は半分あきらめたも同然。 とはいえあくまでマイペースです。なにより早朝発だとこれほどお出かけできずに家でくすぶっていたことは十分に予測できるし、夜行性のわたくしとしてはこのパターンが大好きなのでありまして・・・。

やっとこさ出船できたのが8時半。まぁボートが出せてチョットだけでもお魚と対面できればそれで良し・・・ですもん♪ ←負け惜しみ?
エレキに新たに付け加えた「アンチ・キャビテーション・プレート」なかなか快調でありました。多少のウネリにも、「ごごご・・・」とか空気を巻き込むスクリュー音がしませんし、心なしかスピードも速くなった様子。かなりいい加減な工作でしたが十分な結果でした。
30分ほどしてもあたりがなく・・・ツキさんに確認すると「朝方、ぱたぱたとキス5〜6匹。ちょうど中休みちぅ・・・」とのこと。中休みちぅなら釣れなくても仕方あるまいと勝手に走行実験していると・・・急に・・・「サシコミ」が・・・泣。 船上では折りたたみバケツを利用した「小」はためらい無くするのですが・・・「大」はどうも・・・。どうにも我慢できなくなり・・・泣く泣く上陸体制に。 途中レンタル艇のかわいいお嬢さんとの親子連れさんから「ホームページ見たことありますよぉ〜!」との通りすがりのお言葉。「ありがとうございます〜!」とお答えはしたものの、何しろ気持ちあせってたもんで・・・申し訳ありませんでしたぁ〜! お声かけていただけて嬉しかったですよ〜、こんなもんでも何かのお役に立てていただければ・・・。 

再出発後、出会えた最初のお魚は、フグさん。即開放。で、イイダコさん・・・、次もイイダコさん・・・、またまたイイダコさん・・・。こんなことなら専門に狙えるようにイイダコ仕掛けを準備してくるんだった。まだまだ狙えるんですねイイダコ。もし今度お出かけできるなら・・・必須ですな。
あちこち移動しながら、なかなかキスやカレイさんには出会えません。数匹でしたキスさんは。とうとうカレイさんにも会えませんでした。

途中、沖合いのツキさんを表敬訪問。朝方にはなかなか調子の出なかったツキさん「ご兄弟!?」のスカリにはお魚満タン。いっやぁ〜さすがですぅ〜〜〜♪
お写真取ろうと操船を誤り・・絡みつくように・・ぐるっと回り込んで・・・ご迷惑かけました。挙句にたまたま持参したのがオモチャデジカメだったせいかろくなお写真になりませんで・・・陳謝!
でもいいですね、おやぢさんとご一緒できるなんて♪ それも腕は一枚も二枚も上と見ました・・・。一度といわず二度三度・・・是非とも親孝行続けてくださいね。
時間もレンタル艇がそこそこ上陸を始める2時頃にはぼちぼちと丘に向かって流されていきます。ほとんど途中では釣れませんでしたし、リク近くはデキハゼだらけ。2時半には上陸しました。
釣果と呼べるものではありませんが、一時留守にしていた金田湾にキスは復活していますね。しっかり確認できましたから・・・笑。


       
  金田湾の朝日(オモチャデジカメなもんで・・・)   遙か沖合のツキさん親子連れ

      
  ツキさんからの頂き物(船首上がりすぎ?)   エレキ+手抜き工作(上陸時携帯で)

      
   アンチキャビテーションプレートもどき    お魚さんたち・・・(少々さみしい)

      
釣果: イイダコ8匹、キス5匹、メゴチ4匹、ホーボー1匹


帰路につく前に、ツキさん推薦の三戸浜を偵察することに・・・。金田湾からそれほど遠くも無く到着。いやはやなかなかよいところですぞ。駐車場もあるし、車から海岸までのアクセスも少々高さはあるものの近いし、そばにトイレも完備。ロマンも容易にできそうだし・・・。長浜の隣ですから多分沖合い急激に深くなっているでしょうし・・・何が釣れるやら・・・。(ツキさんのレポートだとビックなカーハギさんに出会えるようです)。ためらいも無く次回は、こちらに決定!! 海を見ながら男のロマンしまぁす♪
・・・で、いつだよぉ〜!?



 お写真データ :@docomo エッギィ(35万画素VGAを33%に縮小)
           A携帯のカメラ(シャープ製 200万VGAを33%に縮小)
           BSONY DSC-U20 200万画素(15%に縮小)




2005.11.05



久しぶりの仕立てでイナダ爆釣!

めっきり寒くなり地域によってはそろそろボート釣りもお休み・・・の陽気になりつつある昨今。職場の仲間11名との仕立てによる本当は「真鯛五目」にお出かけです。
場所は三浦・松輪港の瀬戸○。
前日の釣果を新聞で確認すると剣崎沖のイナダが爆釣で、竿頭、45本とか!! クーラー満杯で早上がりだったとの嬉しい情報です。ただ、出船が6時ですが、駐車場が混雑するため、早めの到着が望ましいとか・・・。
今回は当初から、送り迎え付きの殿様釣り。22時就寝1時半起床と少々寝不足ではあります。 で、待ち合わせ・出発が深夜3時。現地到着予定を4時半と設定しました。費用削減から6人の相乗りでわいわいと酔いのさめないメンバーもいる車内は否が応でも爆釣を夢見て・・・盛り上がっておりました。

大勢でわいわい出かける釣りも楽しいものです。いつも世話役を買って出てくれるベテランのTさんの「出刃」と初参加の女性Oさんの「ワサビと醤油」で船上オサシミ三昧で一杯・・・釣りもよろしいがそちらも大いに期待できそう・・・。ってか、釣れる前からアルコールでかなりハイテンションでしたが・・・。
沖釣り初心者が数名だったため出発前のレクチャーが始まります。イメージトレーニングはばっちりですがやはり明け方からのアルコールはさすがに効きますね。

で、中略! 

(今回は釣りに集中することにしておりましてお写真もすっかり忘れておりました)

あきれるようなドカンとした当たりから、竿先が海面に吸い込まれるような強い引きを誰もが満喫することができました。
目出度く船上でのお刺身にもありつけ、ほとんど釣りに縁のない方の爆釣ぶりを横目にあまりの当たりのなさに・・・ベテランがいらつくシーンも。
とはいえ、初の船釣り挑戦の女性も8本も釣り上げるなど、一日たぁ〜〜〜〜っぷり遊ぶことができました。
これまで、イカ、太刀魚など何度か同じ仲間でお出かけしたものの満足した釣果になることはなかったため、今回は実に誰もが満足できる結果となりました。
初参加の女性が8本、3度目の女性が12本・・・わたしが9本・・・グス。これからはえらそうなことがいえなくなりました・・・あは。


     
   11名合計では100本を軽く越えました!    帰宅・ご近所分配後のお刺身のもと


多分・・・、イナダ20本を越えたメンバーはいないようですが、誰もが満足できる結果だったことがなにより嬉しかったですね♪ 【イナダのほか、サバ、ソーダなど外道が混じりましたが、最初こそ外道をキープしていましたが、後半はすべて放流!全員がクーラー満タンです】
こんな釣りなら・・・また来週も・・・とか冗談も出るくらいですから。心地よい疲れと酔いのなか、誰もが満足できる一日でした。


【追伸: お写真追加しました♪】



       
    大漁を予測させる日の出♪        船釣り3度目のお嬢さま!なんと12本!!

      
   船釣り初挑戦のオネーサマ♪ で、9本!    参加者全員大満足でパチリ♪


ほぼ全員、隣近所にお魚を配達したそうです。釣り当日のコリコリと身の締まったお刺身、翌日のやわらかく甘みを増したお刺身、照り焼き、兜焼き、ブリ大根もどき・・・いろいろなお味で皆さん楽しまれたようです。
ちなみに、当方、遊魚船によるお魚釣りあまりしないこともあり、今回使用した道具類もほとんどバーゲン品。 竿30号負荷の2.4m(2000円)、深度計なしのリール(2000円)、6号ライン150m(2000円)、天秤+80号カゴ・もろもろ(約2000円)・・・こんな安物でも一日中、十分遊べます。もう何年も使っていますから元は十分確保済。手巻きでボロですが・・・まだまだご一緒できそうです。とはいえ、ゴムボでは大げさすぎますね。次の出番はいつになることでしょう?


 お写真データ :SONY DSC-U20 200万画素(15%に縮小)
 



2005.09.17


金田湾のキスはいづこに・・・?

めづらしく2週連続の釣行でした。とはいえ、出発が深夜1時。いつもの場所に到着が2時過ぎといささかハード。ギンパリーさんもツキさんも連続釣行とお聞きし決めてしまったのでありやす。前週も同様ですが男のロマンを楽しみながら星がきれいでしたね♪
ほろ酔い加減でお休みなさいしたのがほぼ3時半。間違いなく起きられっこありませんよね。で、到着したギンパリーさんに声かけていただいて目が覚めたのが6時半。十分とはいえませんが現地睡眠のおかげで眠くはなりませんね。
当日は風が、当初の予報が5m、その後3mに修正されたことからお出かけしたんですが、目覚めて海岸を見るとそこそこ風・波がありました。ちょっとだけビビリ状態。でもレンタル艇は定刻には出船していきましたから出せない陽気ではなさそう。しばしギンパリーさんと様子見した後、準備開始。

で、開始から途中経過は以下のお写真のとおり。


    
  ためらうくらいの波でした(意気地なしぃ〜)       見たとおりのフグさん

    

  悲しいくらいのチビメゴチ(エサにもならん!)   ツキさんと接近遭遇(沖上がり途中で)

    
  ギンパリーさんとツキさん接近遭遇再び     キス1、メゴチ20、ホーボー2、イイダコ5

先週の情報やボート釣りのHPなどから、キスをエサにして青物が釣れているとの情報があり、釣れたキスを生きエサにすべく鮎用のおとり船を持参し、ばかばかと青物釣る予定だったんですが、なんといってもエサになるキスが釣れまへん。最後までおとりをゲットすることはできませんでした。唯一釣れたキスをずっとマゴチ仕掛けにエサとして常駐させたのですが「歯型」が付くこともありませんでした。
ただ、起き上がり少し前に、多分メゴチだと思われますが小さな当たりに取り込み最中に驚くような当たりが・・・。ロッドが気持ちいいくらいに曲がったのですが少々硬めだったこともあり、キス仕掛けもあっさりと「プチン」。取り込みちぅではなく置き竿にきさえすれば取り込めたかも・・・。ま、こんなもんでしょうね。
お写真のとおり、海上でツキさんのお話しでも、沖目にもキスは不在だったそうです。
台風14号とともに・・・消息がつかめなくなった「白ギス」さんの消息をご存知のかたいらっしゃいましたらお知らせくださいまし♪
イイダコを専門で狙っても面白いかもですよ。

ここ数回の釣行ではそこそこエレキ回しておりますが、バッテリ容量の警告が付いたことはありません。よほどの連続移動でなければ何とか丸半日は遊べるようです。

次は少々目先を変えて・・・足場のよろしい長浜で・・・コマセ釣りでもしてみましょうか・・・ね?


【追伸: メゴチは始めて刺身でいただきました。比較的身がしまっておりぷりぷりですね。そこそこおいしいですがやはり天婦羅が好み・・・かな】



 お写真データ :SONY DSC-U20 200万画素(15%に縮小)
 


2005.09.10


今年4回目のゴムボは金田湾再び!

夏休みも終わり、T14も何とか行き過ぎ、風・波ともなんとかボート出せそうな土曜日、ほんとにお久しぶりの今年4回目のゴムボ釣行となりました。
前日、夜までお仕事関係の飲み会をなんとかパスし、男のロマン込みの釣行です。実は前週お出かけの予定が台風の影響で延期。最近掲示板にお越しいただいているツキさんともお会いできそうな予感♪ ギンパリーさんとも連絡が取れ、なにやら楽しげな洋上ミーティングモドキができそう♪

ピンキのお散歩完了し、おうちの用事をすばやく片付け、ほぼ23:00発車。(バッテリなどは前週フル充電してあったので・・・)
現地到着はほぼ一時間後。途中、有料ですごいスピードで追い越していった軽自動車をピタリとマークしているパトカーに遭遇。予想通り数分後、しっかりと停車・切符をゲットされている様子を横目で見つつ安全運転を徹底です。(ってか、一月ほど前に車線変更禁止でキップいただいているもんで罰金恐怖症なんです。)

途中のコンビニで男のロマンセットを購入。いつものとおり熟睡場所の駐車場にin。先着のグループが自販機の明りの元、酒盛りをしていたので少々離れたところでロマンに突入です。星が・・・星がきれいでしたよ♪ 
一時間ほど一人酒盛りの後、車の2階で熟睡体制です。多分イビキうるさかったでしょうね。オール網戸にしてあったので涼しく熟睡できたのであります。

翌朝のお目覚めは、6:30.もう、レンタルは出発する時間でした。顔を洗ったり、トイレを借用したり、エサの購入など、ボートのセッティングに着手したのが一時間後のほぼ7:30。非常にだらだらと・・・でした。で、河岸払いがほぼ9時です。朝方のマヅメには間に合ったことがありません・・・これもいつものとおりでしたね♪

前日掲示板でお出かけする予定をカキコしてお会いしましょ〜って話し合っていたギンパリーさんからのお電話は第一投のころでした。実は待ち合わせ場所をはっきりと「金田湾」ってお伝えしていなかったんですぅ〜!数十キロ離れた駐車場からこれから向かいますとのご連絡・・・ほんとに申し訳ありまへん!
幸いあまりあたりもありませんし・・・オイオイ!
当たりが遠く、何度かの場所替え後、やっとこさ、本日2馬力初セットのギンパリーさん登場。まだ慣らし中のためフルスロットルにはできないようでしたが、やはりエンジン・・・あこがれちゃいますです。欲っしいなぁぁぁぁ〜! 情報交換のあと、それぞれ気合入れなおし・・・釣りに集中♪ 台風後の影響でしょうか?キスはほとんどでません・・・。たまに当たりがあると、クイクイ首振りながら比較的大き目のメゴチばかりです。マゴチエサになりそうな小型がこないんですよね。
今回はコマセ君の実験も。ほぼ1ブロックが30分くらいでしょうか?パラパラとでていたようです。ひそかにコマセに群がる「サバ」君を期待していたのですが残念ながらハオコゼだけ。コマセの切れ目が縁の切れ目ということで再度場所移動。(少々浅場過ぎたのかも・・・)

昨晩出がけに掲示板を訪問してくれたツキさんの書き込みを思い出し、洋上で失礼も省みずいきなりお電話しちゃいました。遥か沖合いに小さく赤いゴムボが見えたもので・・・。ピンポ〜ンでした。お友達二人で出漁しているとのこと。
あまり釣れないので・・・ふらふらと・・・バッテリの心配をしつつ行ってみることにしました。ほんとに遥か沖合いなんですよ・・・私にとってはね。ただ、後ろにギンパリーさんが控えていていただけたことで安心しなら・・・ちょろちょろと移動しました。
で、初の出会い♪ 願わくは遥か沖合いでおぢさんどおしではなく、街で若いきれいなおねーさんが理想だったんですが・・・望むべくもありません♪
何枚か写真をとらせていただいて・・・リクに向かって移動しました。やはり不安ですもの♪ (ツキさんはHPのお写真どおりのかたでしたぞ! それにボートも私も欲しくて仕方のないジョイクラフト+ホンダ2馬力セット・・・よだれ垂らして拝見してましたよ♪)


    
  ギンパリーさん+オニューのYAMAHA2馬力     ツキさん♪始めまして♪


初体験の洋上ミーティングを完了し、陸地近辺で・・・残り時間をがんばったのですが・・・。 やはり台風あとの海は微笑んではくれませんでした。
レンタル艇が帰り始める14:00頃には起き上がりです。大仕事の片づけがあるんですから・・・。
この日は大変、あきれるほどの日差しで、半そで・半ズボンと、全く読みのハヅレタカッコの私は、道具箱に忍ばせていた「日焼け止め」の存在を全く忘れ・・・やけど状態でした。特にヒザと・・・腕。海上でペット2本のほか、非常用のペット氷にも手をつけたくらいですので・・・すべて汗に・・・。それくらい良い天気でした。上陸後もあっという間に2本のペットボトル一気飲みしたいくらいですから・・・ね。


残念ながら満足いく釣果ではありませんでしたがそれなりに楽しい時間を過ごすことができました! やはりエンジン・・・ほしいですね♪


    
 ギンさんお手製のマウント(まだ改造の余地あるとか・・・)  キス3、メゴチ13、イイダコ3など


上陸後はしばし、ギンさんと情報交換。帰りの安全を互いに祈りつつ・・・帰路についたのであります。
釣果は翌日テンプラになってしっかりと酒の肴に・・・ごちそうさまでした♪


なにやら・・・今年は年間目標の6回ボートだすことができちゃうかも・・・・です。
今度はどこ・・・かな?



 お写真データ :SONY DSC-U20 200万画素(15%に縮小)
 


2005.08.19


人間ドックのついでに・・・!?

初の宿泊ドック経験をすべく、ってか、春先に受けた胃のバリウム検査で「異常あるかも・・・」との衝撃を解消すべく、きっちり胃カメラの飲める宿泊ドックにお出かけです。あくまで、今回は健康管理の一環でありまして、またまた釣りメインではなかったレポートです。とはいえ、着替えのTシャツ、半ズボン、靴下、タオル以外は全部釣り道具・・・。目的がどちらかは全く分からない宿泊ドックですね!
伊豆の病院の今回のドックのためにきちんと下調べは完了していましたから、ドック受付開始の10時を意識し、出発は5:30。お魚釣りではなかなかそんな時間には出発できなくても、ある意味今回は「命」かかってますから・・・藁。先日の下調べではコマジェで出かけることを決めていましたし、時間もまぁ4時間みれば・・・と読みがありましたのでその時間となったわけであります。ところが5〜6時台ってすいてるんですね♪ で、なんと110kmが2時間と少々・・・。決してスピード違反なんて・・・。受付開始までの約2時間を待合室でたっぷり睡眠学習することと相成りました。

以下、ドックでのことですので・・・略。
ただし、翌日の内視鏡による胃カメラ、大腸検査これはチョットだけ・・・。
翌日朝一番に約2Lのペットボトルを1時間半かけて飲ませていただけるんです。ビールとかであれば苦も無くいただけるんですが・・・これはある意味苦痛でしたね。
それと内視鏡・・・上からも下からも・・・、自分の体の内部を始めて見ましたがなかなか美しいもんでした・・・!(海がめの産卵のごとく涙ながらに見えた画像から・・・ですが・・・)

いくつか要注意の部分もありましたが、それほど心配要らないでしょうとのありがたいお言葉を胸にしつつ・・・いざ釣り場に・・・・。19日の14:00に移動開始です。

で、3度目の挑戦になりますが、沼津新港でさっそく竿出しました。ただ、荷揚げの船が入っており堤防先端まで行くことができません。やむなく、一番奥側というかスミッコで釣り開始です。今回は、エサは持参しませんでした。竿は比較的短めのシーバスロッドだけ。投げサビキ、弓角、メタルジグなどなどで遊べれば・・・との思惑。
先着のジモティのおぢさんたちは、コスリサビキでウルメイワシを快調に釣り上げております。少なくても一匹くらいは遊んでくれればとの思いで実釣開始しました。もてる道具を順番に・・・。やはりエサにはかないませんね、それにサビキなどは少々ジャンボすぎたようでなかなか針にかかりませんでした。結局投げサビキで貴重な1ヒットだけ。5時には閉鎖されるとのアナウンスを耳に、お隣で遊んでいた親子連れに使い古しのサビキと1匹だけのイワシを差し上げて・・・次の目的地に・・・。

     
   沼津新港奥から入り口(伊豆の山?)を望む      唯一遊んでくれたウルメお一方

過去2度の挑戦で口にできなかった沼津港、丸天のジャンボカキアゲ丼、これをいただくことが次なる野望です。時間が17:00を回っていたため待つことなしに憧れの「カキアゲ丼」にめぐり合いました。【午前中のドックで健康のためにやせなさい、そのためには腹八分目・・・これを守ること!」とのありがたいお言葉も全く忘れたフリです。】
いやはや、驚きました、でもおいしかったですよ。さらに驚かされたのは、「ご飯足りなければ、追加無料ですからどんどんどうぞ!」・・・っ子で昼間の看護師さんの言葉が頭をよぎり・・・無論お代わりはなし!念願の物もいただいて、あとは帰るだけ。釣れなかった事などは二の次です。
帰り道に道の駅「ふじおやま」に立ち寄り、ここでも初めて「富士山」が見えたんです。過去何度か立ち寄っても雲で富士がどこにあるのか位置関係が全く不明だったんです。見えたのもつかの間・・・すぐに雲に隠れてしまいましたが・・・。

     
    高さ10cmほどのジャンボカキアゲ丼     道の駅「ふじおやま」からの富士山


以降、途中混雑はしたものの無事に帰宅できましたとさ♪



 お写真データ :sony DSC−C20 200万画素(15%に縮小)
 



2005.07.31〜08.03


多すぎたジャリメ・・・

最初にお断りしておきますが、今回は限りなく釣行記ではないんです!?ってか、釣り道具持参でお出かけはしたものの、4日連続「ボ」だったんですから・・・(激恥)


◎初日

前日、前回の釣行時竿尻を破損した投げ竿の「修理完了」連絡を受け、修理代620円也を支払い、早速、再使用計画を立てたのは言うまでもありませんでした。おりしも、少々早めの夏期休暇(任意の一週間)を取得し、その限りなく初日だったため、これは行くっきゃないと、3連敗中の○磯に決めたのは当日の昼頃でした。休暇後半は家族旅行が控えており、出かけるには前半勝負・・・ただしチープシックに・・・。例によってコマジェによる貧乏釣行です。
ご近所の○州屋さんでアミコマセ1ブロック、ジャリメ1パックを9百数十円で購入。夕方短時間の勝負だったんですがよくよく考えれば量は半分でよかった・・・。結果的にジャリメが多すぎたことからなんと4日間も連続でのお出かけになっちゃったんですから・・・寂笑

前回の失敗(バイクへの竿取り付けミス)を改造し、傘受けの上下にマジックテープで竿をゆるゆるに固定できるようにしました! ・・・これで落下は防げそう!
投げ竿とシーバスロッド。投げでキス、弓角で青物、バクダンとジグ・・・それぞれちょっとづつ持参しました。15:30から19:00までいろいろチャレンジしてはみたものの・・・完璧な「ボ」。むなしく・・・帰宅! 特筆すべきことは何もありません。言い訳するならば・・・「風がありすぎ!」・・・なにせ、ボートをやめたくらいですから。(通常天気予想で風が5mを超えそうなとき自主的にゴムボ出撃は取りやめることにしています。特に夏場は昼前後に風が変わることは周知の事実。) 当たりが取れないのなんの・・・ってか、当たりもなかったんですけどね。周りの方に針掛かり下のはキス1と20cm程度のゴンズイのみ。お魚さんお出かけのようでした。


       
    竿・リール2セットの上下をマジッケテープで     ○磯港東堤防夕方の図


エサを取られることもほとんどありませんでしたので、残ったエサは通常だとそのまま放流するところなんといっても夏休み♪・・・しっかり持ち帰り、再挑戦に備えることにしました。
 【本日の走行距離:コマジェで約120km】


◎2日目
ほぼ完全に残っているコマセとジャリメ。コマジェで再挑戦するつもりだったんですが、例によって早起きは失敗。娘の「海水浴に行きたぁ〜い!」の激しいリクエストに屈し、短時間ではありますがめづらしく車でお出かけしました。娘が海水浴している間に、ジャリメを活用する予定で・・・。 出発に手間取り(一人でないとどうしても後手後手になります)、現地到着は前日同様、15:00。定位置となっている東堤防に陣取りました。ただおりしも平日であるため「だぁれも・・・」いないんです。完璧に貸切です。16:00を回り頃には数人がきましたが・・・。
この日も相変わらず強風のため当たりが取れません。投げても糸ふけ・・・当たりなし。遠投ウキも消しこむことはありません。唯一、当たりも取れないまま、あげてみたら15cm程度のキスお一方。唯一の釣果でした。18:00を少し回る頃には帰路につきました。 で、ジャリメは相変わらずほとんど減っていません。もうワンチャンスにかけて持ち帰りました。 投げる練習は十二分にできたようですぅ♪
 【本日の走行距離:車 約120km】


◎で、3日目
約2週間後に入院ドックが控えています。4月に簡易ドックで「胃に問題あり!」と宣言され、心配で再検査にいけませんでした・・・。改めて、カメラ飲むつもりです。病院が実は伊豆にあるんです。初めての訪問ですし、交通手段の制限がないとお聞きし、こりゃぁコマジェでツーリング気分だぁと勝手に決めたのはいいけれど、あいにく125ccのスクータでは高速利用が不可能です。ひたすら一般道路を走行することになります。家から伊豆までは片道約100km少々。朝、受付が10時なのであらかじめルートや時間を予行演習の必要を感じておりました。いくらなんでも3日連続の○磯港通いはためらわれた事もあり、病院の下見がてら「沼津」までお出かけすることにしました。できれば、出発はドック当日どおり6時出発にしたい・・・。あくまで希望で終わりましたが・・・笑 
一時間遅れの出発でした。ひたすら246号を走行しました。伊豆に向けては富士山を迂回することから距離は長くなりますが、比較的平坦なルートです。


       
   道の駅「ふじおやま」金太郎からは地下水が・・・     病院の一部です


少々迷ったもののほぼ3時間半で目的地のひとつである病院着。バイクを置き、ドック受付などを下見しました。さぁて、でわでわ釣りにシフト・・・思った矢先・・・出発しようとバイクに戻ったところ・・・なんと横になってお休みしているではありませんか!!!
そうです、駐車した場所の土壌がゆるくサイドスタンドだけでは耐えられなかったようです。あわてて起こすも・・・致命的な破損はありませんでしたが、小さな傷は多数!


       
   あいにく境目だったため土壌が緩かった?   見づらいですが小傷があちこちに・・・


落胆しつつも、スイッチを釣りモードに切り替え、一路、沼津港に・・・。誰もいない(当然平日ですから・・・)岸壁で、投げ竿にリールセットしたところ・・・なにやら違和感が・・・。ハンドル部分が捻じ曲がっていたんです。ハンドルが回せないので、チョットだけ力を込めたら・・・「ポキン!」。


     
 悲しいくらいに簡単に折れました!


竿を投げに限定持参したため、一気にあきらめて帰路に・・・むなしい!全くエサは消耗しません。現地で新リール購入も検討したのですが、何せ、今回で3回目の使用ですから修理せずにはもったいなくて・・・渋。泣く泣く帰宅することにしました。なんといっても病院の下見が本命だったんですから・・・ね。
帰りは一号線を選択。箱根見物はパスしますがいわゆる山道でバイクの面白さを満喫する・・・つもりでした。結論を先に書きますが、局地的な大雨で・・・ずぶぬれ。まさに踏んだりけったりの状態です。
帰宅後修理の依頼をしましたが、部品入荷が1ケ月かかるとか・・・。ハンドル3つ分の金額で新品が購入できそうな値段でしたが・・・部品購入することにしました。 駄菓子菓子・・・投げ竿は使えず、エサは大量に残っている状態解消のために、中型リールを新規購入することにしちゃったんです。こんなことなら現地で買っても同じでした・・・反省
 【本日の走行距離:コマジェで約240km】


◎いよいよ最終日
帰宅後、ジャリメの様子を確認したところまだまだ元気でした。で、もうワンチャンスだけ出かける決意をした次第。それも沼津に再チャレンジ。というのは前日夜のTV放送の影響によるものです。沼津港そばの飲食店を紹介するコーナーで「10×15cm位のカキアゲ丼」が紹介されていたんです。竿を出せずに泣く泣く帰宅、ろくな食事もせずに大雨に打たれた前日の恨みを晴らすべく・・・沼津再挑戦。(これにはもうひとつ理由がありまして、投げ竿修理の際、弓角だと沼津がいい・・・との店員さんからの情報もあったんです)
出発6:30、スタートメータ3167km、燃料は満タン。前日同様、「ふじおやま」でのトイレ休憩だけで沼津港着。最初、船着場から竿出したんですが、地回りのおっちゃんのアドバイスで、港先端の灯台で、カンパチがカゴ釣りで入れ食いだったことを聞いて、即、移動。といってもコマセ持参していませんので(2日目で放流)、念願の弓角使い放題のつもりでした。その前に着実にお土産確保のためエサ釣りの予定だったんですが、さすがに4日目のジャリメは・・・ほとんど全滅でした。百均の桐箱に3日も放置していたんですから・・・かわいそうなことをしてしまいました・・・合掌!
で、あとはひたすら弓角の出番です。ひたすら投げては引く・・・。たった、たった一度だけ当たりらしきものはありました・・・・が。針に掛からず。日中ですから・・・本来なら無理なんでしょうけど。で、2時間ほど投げては引き投げては引き・・・。


       
      出発時のコマジェ・メータ周り     先端堤防より沼津港入り口を望む♪


帰り道を考慮し、13:00には撤収。結局お隣で釣りをしていた人たちの、カンパチの子(25cmくらいかな?)、キス、鯛のあかちゃん、20cmオーバーのキューセンベラなどなどを観察し長かった「買いすぎたジャリメ利活用ツアー」の竿を収めました。
で、いよいよ前日の「超ジャンボカキアゲ丼」に挑戦すべく港そばの飲食店街へ。TV放送の影響でしょう、テンポ前に20人以上が行列しておりました。元来並ぶことが嫌いですので、即却下。そのまま帰路に着きました。
(ふとき気づくとメータ横のデジタル時計が裏のマジックテープごと所在不明に・・・最後の最後まで付いてないお出かけ4日間でした・・・再合掌)
 【本日の走行距離:コマジェで約220km】


 4日連続してお出かけした釣果は、2日目のキス1匹のみ!あとはひたすらミニツーリングもどきに明け暮れた気がします。でも楽しかったですよ、事故もなく無事に帰宅できているんですからね♪ ってことで感謝♪



 お写真データ :docomo eggy 35万画素(33%に縮小)
 


2005.07.18


またまたO磯・・・


3連休の最終日、おりしも「海の日」だそうです。で、なおかつ、梅雨明けだったようです。(帰宅後に判明)

久しく土曜日釣行ができず、ストレスたっぷり溜まっているのを解消するため、貧乏釣行にチャレンジ・・・しました。 それに給料前ってのも大きな要因かも・・・。
どうしても早起きできなかったため、やむなく連休の最終日になった次第。
で、スクータに数日前に購入した3.9mの投げ竿を傘受けにセット。前回の釣行でモクズ蟹にお逢いできたので、大量捕獲を夢見てカニマンションとサンマの冷凍(今年の冬に購入し冷凍保存のもの)を持参。投げでキス、イシモチ、カニでも拾えたらラッキー・・・、さらに忍ばせた「弓角」で青物でも遊んでくれたら・・・いうことなし!・・・目論見だけは貪欲に・・・まさにそんな感覚でした。

ただ5時起床の割には現地到着が8時とはいささか期待ハヅレな・・・結果は予測できたかもしれません。 ・・・そうです・・・相変わらず釣れませんでした♪

とはいえ、飲み物とジャリメ1パックを購入後、いつもの堤防に・・・。
台風の影響か大きなウネリが海岸をたまに襲っておりました。
カニ網投入し、竿おろし。 決して高価ではないけれど始めて使用する道具はちょっとだけ嬉しいですね。投げ竿は何本が持ってはいるのですが、超・超・化石的な古いものだったため、安くてもカーボン含有されているこの軽さ・・・長さもそこそこ扱いやすさもバッチリでした・・・釣れませんでしたが・・・自爆!

とはいえ、たった、たった、2匹でしたが「ヒイラギ」には面会できたんです。写真取るのも忘れ速攻リリースしましたが・・・。ある程度、数がまとまる予想があれば「から揚げ」にチャレンジしたんですけど・・・寂
何人の方に釣果をお聞きしましたが・・・自信を持ってお答えいただける方はおりませんでした。
カニ網のほうも何度かセットしなおしましたが結果的にヤドカリが少々だけ・・・激寂

持参した双眼鏡で海の日の「子供達」を遠くで拝見いたしました・・・決してイヤらしい気持ちはないのですから・・・。

陽気は夏真っ盛り!日焼け対策の長袖長ズボンも暑さはしのげないもんですね。手の甲や首筋はしっかりとコンガリ焼いていただけましたよ。
11時を回った頃には、なん投かチャレンジした「ゴミしか掛からなかった弓角」も飽きたため、早めのご帰宅となりました。

帰りの走行中・・・傘受けのバンドがハヅレ・・・10mほど「がりがり・・・ずずずず・・・」。なんと・・・新品の投げ竿の竿尻が削れてしまったのでありました。竿下ろしでいきなり修理とは・・・なんともはや・・・とほほであります。なんといっても安物の竿ですから修理代で同じもの1本購入できちゃうかも・・・泣

いよいよ夏本番!秋口までゴムボはお休みになるんですかねぇ〜・・・?
金田なら・・・出せるんですけど・・・多分・・・!?


             
            写真では分かりませんが比較的大きなウネリが・・・
            海水浴客からは楽しそうな悲鳴があがっておりましたが・・・



 お写真データ :sony DSC−U20 210万画素(15%に縮小)
           【内緒でオークションで購入しちゃったんですよね♪】
 


2005.06.19


2週連続O磯港「ボ」


気持ちは土曜日の釣行予定だったんです。でも・・・身柄拘束・・・お留守番のためやむなく日曜日のお出かけとなりました。それも給料日目前のため、典型的な貧乏釣行! 先週同様、スクータによるチョイノリツーリングもどきチョイ投げで2週連続してO磯港へ。

先週の反省を元に、さすがにめづらしく早起きしました。といっても出発は8時でしたから・・・ちっとも早くなぁ〜いって声が聞こえてきそうですが・・・ボソ。
先週のお出かけでは、シーバス用ルアーロッドだったため多く釣れていた「イシモチ」に出会えなかったので、投げ竿持参することとしました。前日チェックしたところガイドは割れているし、リールも錆びて動かないんです。貧乏釣行のつもりでしたが肝心の道具がなければ釣りになりません。 で、ご近所の常習屋さんに。自前で購入したリールの中でもほぼ最高金額に匹敵する大枚4000円弱・・・ ←かわいそうでしょ? ・・・を投じ新リールを購入。船用のPEラインを力糸として10mほど結束しました。また、さお受け用の傘入れも、さらに100均購入のマジックテープで拘束し移動時の竿暴れを防止。竿のガイド割れは瞬間接着剤で修理しました・・・。準備は万端のつもりでしたが・・・・。
意気込みはそこまで・・・。

ほぼ一時間少々で港に到着しましたがいかんせん、入るスペースがありません。それほど混雑しておりました。とはいえ、朝まづめを過ぎ、あまりの釣れなさに嫌気がさした早出の方はご帰宅! 30分ほど様子を見たあと何とか竿を出すことができました。

      
     混雑で竿出す場所がありませ〜ん!   ヤガラが泳いでおりました!


かなり濁りがはいっていました。ゴミも多いし・・・。お隣さんに伺うと、かなり朝早くから竿を出されていたそうですが、キス1匹だけとか・・・。釣れている様子はだぁれもありません。 お隣が連れるまでは釣ってはなるまい・・・・など遠慮しようと思ったのですが・・・全く気配り不要でした。当たりないんですから・・・笑

結局6時間ほど竿出しておりましたが・・・結果は・・・

      
    青イソメと100均エサ箱?    モクズ蟹・・・ちゃんと針がかりしたんですぅ!


結局、針に掛かってくれたのは、どう見ても淡水系のモクズ蟹1匹だけ。お隣さんにも同サイズが釣れておりましたので最終的に差し上げました。モクズ蟹は秋口には産卵のため海に下りてくるらしいのですが・・・いまどき・・・どうしたんでしょ?,

やはり、お魚に会うつもりでしたら・・・ボートですよね?次回は、もう浮気しませんから〜! しっかし悔しいなぁ〜!



 お写真データ :docomo eggy 35万画素(VGAサイズを33%に縮小)



2005.06.12


入梅つかの間の休憩、O磯港


先週後半、いよいよ、梅雨に突入したそうです。通常であれば土曜日釣行、日曜休養のパターンが圧倒的なんですが、残念ながら土曜日は天気予想「雨」。晴れそうな気配の日曜日、早起きするでもなく、夕方のまずめを狙い、めったに取り扱わない「投げサビキ」にチャレンジすべく、イワシ、サバなど・・・チョッピリだけ噂のO磯港に、格安釣りスタイルでお出かけしてまいりました。


結果は、「完全ボ」。 釣果ご期待の方はすぐさま退去くださいまし・・・!


スクータで釣行する場合、荷物をコンパクトにするために竿はコンパクトロッド専門でした。ルアー竿、振り出し竿などすべてバックってかカゴにそのまま「ぽい!」と入れるだけの小さな物ばかりです。ただ、今回は投げサビキのつもりでしたがフルサイズの道具はやはり大げさなため、振り出しのシーバスロッドだけを持参することにしました。そこで悩んだのがバイクへの取り付け方法です。あれこれ試行錯誤した結果、やはりここはお得意の100均へ・・・。で、発見したのが写真のとおり「車載用傘入れ」です。久々のヒットでした。サイズなどあつらえたようで、リールをセットしたままベルトを止めるだけ。とはいえ、実際に走行すると80kmを超えたあたりで、ばたばたと暴れますのでご注意を!

今回は出発も遅く、夕まず目狙いのつもりだったため、到着しても混雑で竿出す場所がなくてもあせりません。
多少、人が減少してから竿出しましたが結果はお知らせしたとおり・・・。

ほかの方々はというと・・・
一番多く姿を見かけたのは、イシモチ。次がキス。イシモチ専門で狙うとそこそこおかずになるでしょう。15〜20cm程度と小型ですが・・・ね。外堤防の先端が一番姿見ることができるようです。ただ、ジモティの方が大部分のようでしたが。



      
    ブルーの竿受けのつもりの傘受け・・・   午後から波少々出始めました・・・


結局、夕方6時頃まで粘りましたが、浮きが消しこむことはありませんでした・・・合掌
で、eggyで遊んぢゃいました・・・。


動画お試しコーナー(動画にリンクします)

        
    モーターパラグライダー・・・見える?   たまぁに・・・大き目の波が・・



 お写真データ :docomo eggy 35万画素(動画はwmvに変換)



2005.06.04


梅雨入り間近、金○湾再び・・・


例によって、お出かけを決めたのが前日のyahoo天気予報「釣り」情報を確認してからです。2日分の風、波、気温、潮位など数時間単位で表示されるのでお出かけ数日前より注目しています。TVなどの予報では、残念ながら「雨」。それも所により「雹」が降るかも・・・。駄菓子菓子、yahoo予報ではお出かけ先の三浦近辺での雨表示が皆無だったため・・・しめしめと・・・ほくそえんだのであります。
これまた例によって、前夜泊のつもりですが、あいにく金曜夜はお客様との「パーティ」。我ながら遊びのためなら好きなお酒も・・・むにゃむにゃと・・・ウーロン茶で済ませました。おかげでお腹はたっぷんたっぷん。【まんざら、ウーロン茶のせいばかりではありませんが・・・】
で、パーティでのおいしいお酒を横目で眺めつつ・・・ひたすら帰宅を急ぐmuraさんなのでありました。帰宅後は、ぴんきのお散歩など日課をこなしつつお魚釣りのための準備を速攻行い、それでも23時を回った頃にやっと出発。
本当なら、お出かけ先の検討もあるところですが、前回の釣行が満足のいくものでなかったことから、金○湾再びと・・・1時間少々の深夜のドライブです。距離にすると約55kmくらいでしょうか。途中コンビニで深夜「男のロマンセット」と翌日の食料などを仕入れ現地に深夜1時到着。ひととおりの道具一式は常時車両保管・・・(ってか、車に積みっぱなしってことですぅ)しているため速やかに一人宴会に突入です。ちょうどサッカーのアジア予選でバーレーン(?)との試合がサミシさを紛らわせてくれました。ちょうど得点し日本優勢のところで・・・そろそろお休みモードに・・・。


目覚めたのは、すでにレンタルボートの出船時間である6:30を過ぎてから・・・。さすがにマイペースです。ってか・・・釣りする気持ちないんですかねぇ・・・?
エサの購入(今回はキスonlyの予定だったのでジャリメ2パック、1000円也)、トイレの借用(漁協の物をお借りしました)そして準備。
駐車場と出船場所がそこそこ離れており荷物の移動も約4往復。200mほどありますのでそこそこ体力が求められます。それに3mほどの階段。やはりゴムボといっても体力は多少なりと残っていないとつらいものがあります。

今回、持参した実験道具はありません。キスに集中できるんです・・・。というより、釣れなかった言い訳きかないんですね♪ あわよくば「マゴチ」なども・・・。準備をのんびり行って、海岸を離れたのは8時を回っておりました。


出船時の失敗: 砂浜からの出船はよせる波の合間を、間合いを計りながら船を出すんですが、読みがハヅレ・・・しこたま波をかぶりました。ボートの底には1cmほどの海水が・・・。沖合いにて手動エアポンプの「ホース」によって海水を吸いだすことになりました。小さくても「アカ汲み」必要ですね。次回には何か作ることにしましょう。


曇天で、そこそこ風もありました。エレキで走行しても船首がバタンバタンうねりに叩かれます。風のせいか、沖目のイケス周りまで遠出している人はちらほらで、レンタルの大部分は船道近辺に集中しておりました。それもほとんど移動を繰り返していなかったことから、そこそこ釣れていたようです。
イケス周りで釣り開始。今回はできるだけ移動せずに、粘ることにしました・・・。が、短時間でも当たりがないと移動したくなるんですよ・・・これが。最初のキスに出会えるまで数十分かかりましたかね。それも上がるのは大部分が10cm前後のピンギスばかり。中にはピンギスというより「わかさぎ」といっても通りそうなもんまで・・・。無論ご帰宅願いましたが。それにマゴチ狙いの小さめの「めごち」が釣れないのです。テンプラサイズにはいいのですが、エサには大きすぎるのです。
できるだけ移動しないようにしながら粘ることしばし・・・。潮が動き始めたせいでしょうか、徐々にキスのサイズも上がり始めましたし、メゴチの小型もゲットできたので早速セット。

    
         漁港を望む・・・                マゴチ竿・・・動かず!


昼近くには、風は全く収まり、日差しも覗きはじめました。お蔭様で日焼けが・・・。ちょっとした油断で悲惨な目にあうことはとうに学習済みですが、甘く見ておりました。長袖のシャツを腕まくりしていたため、不自然な日焼けが・・・。

一時を回った頃には風も変わり、岸よりに移動。エレキとはいえ・・・強風にはなすすべもありませんからね、あくまで自己防衛ですよ。
結局一日中、ほぼ、ぼちぼちと釣れてくれました。残念ながらマゴチ仕掛けに当たりが来ることはありませんでしたが、エサ役の小メゴチさんには丁重にお礼がてらご帰還いただいたんです。沖上がりは14:00。
たっぷり時間をかけ後片付けです。いつものとおり駐車場でゴムボ本体を持参の真水できれいにしてから次回出船までおやすみなさい。ボートカバーだけは付いた砂を翌日清掃します。

帰宅後、お魚をテンプラ用に解体し・・・あちこち筋肉痛の体をいたわりました。
キスごときでエレキは不要かも・・・。準備や片付けに体力不足も加わって、結構しんどさを体験できました。余分なものを積み込まず、最低限の道具だけでてこぎのゴムボート・・・、原点に返ってもいいかなと思い始めております。
とはいえ、次は、コマセのアジ、青物・・・狙いましょうかね!

    
  全釣果(キス31、メギチ10、イイダコ1、小ほうぼう1)   大きいのだけ(最大23cm)


今年に入って
3度目の釣行も無事に完了しました。まもなく梅雨入り、海水浴シーズンなどでゴムボはお休みの期間かも・・・。でも、なんとか回数増やしたい・・・ですね♪



 お写真データ :docomo eggy と sony U10
 


2005.05.03


本年初・金○湾・男のロマン付き


先日コマジェでの日帰りツーリング、「三浦釣り場チェ〜ック!」で確認できた金○湾の手製の階段・・・連休中の混雑を予測しつつお出かけすることに決めたのは前日2日の夜、yahooの天気予報で風・波予報を確認してからでした。早起きがにがてってのは最初から分かっているので、前泊の「男のロマン付き」。とはいえ、準備とぴんきのお散歩などなどきちんと日課をこなし出発できたのは日付変更線ぎりぎりのまさに深夜0時でした。

約60km・・・現地到着は1:10頃。途中、酒気帯び取り締まりの一斉検問も難なくクリア。コンビニでの男のロマンセット(安ウィスキとおつまみ少々)を購入後、到着後即一人宴会スタート・・・。そこは男のロマンですから・・・寂しくつつましくをモットーに淡々と熟睡のための酔いをむさぼりますぅ〜!睡眠の体制まで1時間は必要としませんでした。同じ駐車場を仮の宿としているキャンピングカーのアイドリングは気になったものの、ロマンセットのおかげで夜中目覚めることはありませんでした。
【駐車場での仮眠・・・私にとっては本格的な熟睡ですが・・・、キャンピングカーなどエンジンのかけっぱなしは困ったものです。ご近所の苦情にならなければいいのですが・・・。これから熱くなってくるとますます寝にくくなってきそうですね♪】

起床はほぼ6時。トイレを拝借後、エサの入手のため、貸しボート屋さんに。いやはや人があふれかえっておりますぅ〜! ジャリメと青イソメ各1パックで計1000円也。まぁ標準かもしれません。

レンタルの出船を横目で見つつ、マイゴムボの準備をのんびりと始めます。

          
          
6:30のスタートに一斉に出船するレンタルボートの大群


ボート組み立て手順はいつものとおり。ただ、ここでは駐車場から砂浜までの距離がそこそこありますので、荷物は「ゴロゴロ」で運び、組み立ては砂浜で行うことになります。したがって改造後のドーリーもどきの実験はパス!ほぼ4往復で出船開始となります。
ちょうど8時には河岸払いできました。レンタルに遅れること1時間半。釣り場に向かう途中で聞き歩くにはちょうどいい時間でした。
数名の方に、釣果などをお聞きしつつ沖合いのイケス周りを目指しますが、どなたからも「バンバン入れ食い・・・!」なんて言葉は聴くことができません。少々食い渋っているようです。エレキも快調で音もなく沖合いまで・・・すいすいと。一人テコギでは絶対に来たくない沖合いまで20分ほど走ったでしょうか。といっても予報はほぼボートには最高だったせいか、かなりレンタル艇も見受けられます。
第一投で、20cm程度が来てから・・・「シメシメ・・・今日は入れ食いぢゃぁ〜!」ってことが過ちだったのに10分とかかりませんでした。いやはや・・・当たりがないんです。レンタルも移動を繰り返します。

これまでエレキでどの程度走っていることができるのかチャレンジしたことはありませんでした。まぁバッテリは100Aで、エレキが35A・・・。計算上は3時間は持つようですがバッテリの特性上、せいぜい三分の二が限界値のようですから2時間くらいは移動できるんだろうなとは思っていましたが、延べ走行時間は計らなかったものの、14:00に上陸してからバッテリチェックすると「充電必要表示!」になっていましたからマァそこそこ走り回ったことになります。移動を繰り返し・・・カレィ仕掛けなどにも手を出し・・・いろいろやってみましたが・・・今ひとつ・・・ねぇ〜!
外道さんそこそこに・・・。

        
       これほど小さなメゴチが針にかかるとは・・・    おまけに青いヒトデの数匹!


レンタルボートが上陸始める14:00前には陸からの風に変わり・・・珍しく遅くまで遊んだ私としても上陸・お片付け体制に・・・。

さすがに・・・くたびれました♪ まぁ心地よい疲れですが・・・ね♪
上陸後のお片づけにたっぷり時間をかけ帰宅後の必要時間短縮を図りました。といっても家に帰ってからの片づけがメンドイのでできるだけ現地でしちゃうだけなんです・・・笑
ボートカバーだけは砂を落すには十分な水が不足しますので帰宅後・・・に。それ以外はすべて現地で完了させました・・・。調理は・・・家ですよぉ〜!

で・・・釣果は。寂しい限りですがかわいいのが大部分ですけれどキス最大のんが24cmでした。また、メゴチも20cm前後のものがそろいテンプラが楽しみですぅ♪

        
      あまり鮮明でないところがミソ!小さいながらイイダコもおひとかた!


残念ながらカレィさんとはお逢いできませんでしたがたぁっぷり遊べた連休の一日でしたよぉ〜♪


 お写真データ :docomo eggy 静止画は30万画素
 


2005.04.23


2005年初ボート in 長浜


いやはや、早、またまた半年が過ぎてしまいましたか!?

今回の実験は、@改造ドーリーもどき Aこませ君モドキ Beggyこま落とし撮影 などなどお魚との出会いは二の次・・・かも!

数週間前にコマジェ三浦一周調査で、金田湾or長浜と決めていたものの、久しぶりの早起きで思考能力はほとんど停止・・・。足場に心配のない長浜向けに出発できたのもほとんど6:00近くだったため、いきなり渋滞につかまり釣り場到着は8時に近い時間でした。

過去静止画でのボート組み立て記録は行っておリましたが今回はこま落とし撮影の実験。時間は十分の一に圧縮されております。組み立て完了まで約40分ほど・・・。とりたてて目新しいことはありませんが・・・まぁ自己満足ですので♪
組み立て完了してもそこそこうねりが入っており弱虫の私・・・ほかの方のように出船できませんでした。様子見をしつつ出船できたのはほとんど10時。

  
 
 ゴムボ組み立て動画にリンク        うねり収まり待ち・・・待機のひと時


組み立て動画にはしっかり写っておりましたが、改造したドーリーもどき・・・いまいちでありました。前回の失敗ほど致命的はありませんでしたが、約25kgのバッテリはやはり別運搬が必要のようです。更なる改良は帰宅後「マイブーム」で取り組んで見ましたが・・・。
一時間ほど様子見をしているうち、とおりすがりのおぢさんなんどとお話をしつつ・・・、うねりの中、波をかぶりながら出船していくマイボートの方々を横目で見ながら・・・まぁったりと・・・。eggy遊びなどをしておりました。最悪このままお片づけでもかまわんと腹をくくっていたところ、多少収まったうねりのなか、何艘ものシーカヤックが出かけていきました。それを合図に・・・。ヤットのことで出発。
走りながら動画撮影などを楽しみつつ・・・アミコマセ1ブロック、ジャリメ1パックを適度に使用しながら・・・。が・・・場所が悪いせいかなかなか釣れません・・・。で・・・あっさり釣り終了。こませ君の実験をば! 10mほどまでこませ君を沈め魚探をチェックするときちんと・・・こませがきちんと帯になって表示されております。本来なら・・・さびきを落とし込むところですが昼近くから風が変わり・・・あわただしく・・・上陸準備。まぁ、こませ君使用の実釣はまた次回ということで! (仕掛けを落としていたのは正味一時間程度だったでしょうか・・・)

          
 動画にリンク(シーカヤックと同じ程度のスピード)       さみしい釣果


上陸後、しばし、2馬力ゴムボを購入予定の方と歓談!法改正による潜在的な「海の男」が増加しているようですね・・・かくいう私だって・・・エレキとはいえ自前で沖に出ることができるんですから・・・笑。
ひとつ残念だったことが・・・。 砂浜の何箇所かに・・・オイルが・・・。どこにも心無い人はいるもんですね、大変に残念です。

季節はまさにボート釣りの季節であることを痛感しました。さぁて・・・今度は金田湾・・・ですかね!



 お写真データ :docomo eggy 静止画は30万画素、動画は160×120