Sandii & The Sunsetz(サンディー&ザ・サンセッツ)
Kubota, Makoto & Sunset Gang(久保田真琴&夕焼け楽団) / Onzo, Takashi(恩蔵隆) / Inoue, Kenichi(井上憲一) /
Inoura, Hideo(井ノ浦英雄)

Sandii & The Sunsetz(サンディー&ザ・サンセッツ)

Sandii (サンディー)

Kubota, Makoto & Sunset Gang(久保田真琴&夕焼け楽団)

Onzo, Takashi(恩蔵隆)

Inoue, Kenichi(井上憲一)

Inoura, Hideo(井ノ浦英雄)

サンディーに関しては、僕はやはり細野晴臣プロデュースの『イーティン・プレジャー』が一番印象的である。エスニック・テクノポップと呼ぶにふさわしい見事なるテクノポップとエスノサウンドの融合である。また彼らはオーストラリア等の海外でも評価が高く、『VIVA LAVA LIVA』はトップ10入りした。また久保田真琴(麻琴とも表記されることあり)はオムニバス・アルバム『若いこだま』をプロデュースした。

<オクダケンゴ特派員>久保田麻琴のソロファースト「まちぼうけ」は73年URCから発売されました。当時、彼は「裸のラリーズ」のベーシストとして活動していました。その後彼は「久保田麻琴と夕焼け楽団」を結成するのです。

<サトル特派員>サンディ・オニール名義で映画「ナイル殺人事件」のアルバム「ミステリー・ナイル」を持っています。エレクトリックでもロックでもなく、「ミステリー・ナイル」以外は有名ポップスのカバーです。

<荒特派員>ンディー・オニール名義で出したシングル「ミステリー・ナイル」は、オリコン・チャートでは最高15位まで行ったという、かなりヒットした曲です。音楽之友社から出た「音の書斎」という本では、田口史人氏のレコード紹介のところ(106ページ)で、サンディー・アイの「くちづけは許して」(ちなみに英語表記は"SANDIAI / KUTIZUKEWAYURUSHITE")というシングル盤の写真が載っていました。これ、サンディー・アイ名義になっていますが、ジャケの女性はどうみても、あのサンディーにしか見えません。東宝レコードからで定価\500となっていましたが、いつ頃の物なのでしょう。いわゆる下積み時代のものなのでしょうかね。どなたかご存知の方いるでしょうか。しかしこのバンドの表記って、サンセッツ(ファーストだけ)、サンディー&サンセッツ、サンディー&ザ・サンセッツ、サンディ&サンセッツとか、いろいろあってめんどくさいですね。
(サンディー関係シングル他ディスコグラフィー追加。)

<MS氏>この他、ドラ・ホーン(Sandra Hohn)名義でアニメ「ルパン三世」のED曲「ラブ・スコール(Love Squall)」を唄っています。他の曲ではGODIEGOのTommy Snyder氏も唄ってるし、以外な盲点です。ちなみに「ラブ・スコール」が製作されたのが79年頃ですから、時期的には合いますよね。

<荒特派員>サンディーは“サンディー・オニール(Sandi O'neil)”や“サンディー・A・ホーン(Sandi A. Hohn、またはSandy A. Hornという表記もアリ)”などいろんな名前で歌っていましたが、NHK「みんなのうた」の中で“久保田あや”という名前で歌った曲がある、とのことです(「Player」'80.8.15号、サンディーのインタビューで本人が言ってました)。サンディー・A・ホーンとしてゲスト・ヴォーカルで参加したアルバムには、ゴダイゴの初期作品『デッド・エンド』、『西遊記(MAGIC MONKEY)』などがあります。そう言われれば「ガンダーラ」のサビ部分のコーラスはサンディーの声に聴こえますね。

The most impressive work by Sandii to me is "Eating Pleasure" produced by Haruomi Hosono. It is to be called ethnic techno pop with the excellent combination of techno pop and ethno sound. They also get high reputation overseas such as Australia and "VIVA LAVA LIVA" achieved top 10. Makoto Kubota produced the omnibus album "Echoes Of Youth".

<Correspondent Kengo Okuda> Makoto Kubota's first solo album "Machiboke" was released from URC in '73. At that time, he was a bassist in Hadaka No Rallies. Later he formed Makoto Kubota & Yuyake Gakudan.

<Correspondent Satoru> I have the album "Mystery Nile" as Sandii O'Neil for the movie "Mystery Nile (?)". It's not electric nor rock. Except the track "Mystery Nile", they are songs covering famous pops.

<Correspondent Ara> The single "Mystery Nile" released as Sandiai was a smash hit reaching the15th position in Oricon chart. In the book "Oto No Shosai" on Ongaku No Tomo Sha", the sleeve picture of "Kutizukewayurushite" by Sandiai was shown in the Mr. Fumito Taguchi's page (p 106). While it is credited as Sandiai, she looks like Sandii. It was on Toho Records priced at \500, and I wonder when it was released. Anybody knows about it? They use different band names such as Sunsetz (the first album only), Sandii & Sunsetz, Sandii & The Sunsetz, and it's confusing.
(Additional singles of Sandii, etc. .)

<Mr. MS> Beyond the above, she sung "Love Squall", an ED song of the animation "Lupan 3rd" as Sandra Hohn. This is a blind spot as the other song was sung by Tommy Snyder of GODIEGO. As "Love Squall" was made around '79, the timing matches well.

<Correspondent Ara> Sandii sung with various names such as Sandi O'neil, Sani A. Hohn or Sandy A. Horn, and there is also a song under the name of Aya Kubota in NHK"Minna No Uta (based on the interviews with Sandii from "Player" Aug. 15 '80). The albums that she appeared as a guest vocal as Sandi A. Hohn are "Dead End" and "Magic Monkey" from the early Godiego works. The climax part of "Gandhdra" sounds like Sandii's voice.

HOME | INDEX