長野県


写真1
写真:長野県松本市 松本城
現存する12天守閣のひとつ、松本城。

現存する天守閣は石川数正親子によって文録
三年(1594年)に築かれたものです。

※松本城は国宝に指定されています。


松本城のページ


「牛に引かれて善光寺参り」で有名な善光寺。

現本堂(写真)は宝永四年(1707年)に完成した
もので、国宝に指定されています。
写真2
写真:長野県長野市 善光寺


写真3
写真:長野県長野市松代町 海津城(松代城)
海津城は、1560年(永禄3年)に武田信玄が
築城しました。

1561年(永禄四年)の川中島の合戦では、武田
方はこの海津城から出陣しました。

江戸時代に入り、真田幸道により松代城に改名
されました。


川中島と言えば「川中島の合戦」。

この地で、越後の「上杉謙信」と甲斐の「武田
信玄」が十二年にわたって死闘を繰り広げま
した。



川中島の合戦のページ
写真4
写真:長野県長野市 川中島古戦場


写真5
写真:長野県上田市 上田城 西櫓(現存)
上田城は、真田幸村の父・昌幸が天正11年
(1583年)に築城しました。

関ヶ原の合戦へ向かう徳川秀忠の大軍に攻め
込まれた時もこれを撃退、逆に秀忠は関ヶ原の
合戦に遅れるという失態をさらしました。

城内には、太郎山にある井戸と結ばれている
(抜け穴)と伝えられる真田井戸があります。


松本城の天守閣から見た、旧開智学校。

明治9年(1876年)に竣工した擬洋風学校建築
で、国の重要文化財に指定されています。
写真6
写真:長野県松本市 旧開智学校


写真7
写真:長野県小諸市 小諸城(懐古園)
小諸城(懐古園)は、島崎藤村が「小諸なる古
城のほとり、雲白く遊子悲しむ...」と詠んだ
古城です。

武田信玄が山本勘助と馬場信房に命じて築城
させ、天正18年(1590年)に入城した仙石秀久
によって、現在見ることができる近世の城郭へと
改築されました。