ベートーヴェン

なかさんの ベートーヴェン 勝手解説大全集
ベートーヴェン 勝手解説大全集
いわゆる副題は、
「音楽家は、耳が聞こえてナンボ!」


大きな画像が多いので、PCによる閲覧を推奨します。

ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン様(楽聖、ウィーン名誉市民)は、その生涯において、作曲することで神上がり(かむあがり)した、まっこと偉大なる人物なのである。


 ベートーヴェン大権現様は、神様なのだ。この地上に、音楽で「愛と勇気と努力と根性」の功徳をもたらすのだ。それまでの音楽の歴史、すなわち、日々の安寧と享楽と、教会音楽にのみ許された敬虔さしかなかった西洋音楽の世界に、一段高い次元を設けたのだ。
 大権現様は、人類に、音楽による世界平和の道を説くのだ。緻密に構築された彼の音楽を聴け。世界に秩序がもたらされるであろう。努力と前進の気概にあふれた彼の音楽を聴け。世界の様々な問題を解決する勇気を与えられるに違いない。
 音楽は世界共通の言語などと言うが、音楽なら何でも良いというものではない。神様の、人類への応援歌を聴くべきなのである。


当ページの著者へのメールはここです。


ベートーヴェン 勝手解説大全集入室する

2016年12月28日
update

ベートーヴェンパンくず式に移行中

What's new
 私が好きな曲に追加、Lilium(2017.2.12)
 ベートーヴェンの最後のピアノソナタの作品番号は111(2016.12.28)
 アブネック、ベートーヴェンを指揮(2016.10.22)
 交響曲第10番を作って何が面白いのか(2016.9.1)
 ベートーヴェンを語る前に…(2016.1.11)
 楽譜の改変(2015.11.1)
 なんだか世間ではパクリを晒すことが流行のような…(2015.9.13)
 交響曲第5番を聴く(2015.2.1)
 交響曲第5番セレクション(2014.10.13)
 運命からの脱却3(2014.9.26)
 弦楽五重奏曲もねらい目(2014.7.20)
 昔懐かしいレーベルを眺めて過去を思う(2014.5.25)

そのほかのコラム
■ご案内■
当サイトでは、特別な場面を除き、交響曲第5番を「運命」とは記載しておりません。
■参考情報■
 現在保有のオーディオ
■掲示板■
 ベートーヴェン大権現様の筆談帳(4冊め)

■リンク■ベートーヴェン以外ならここ
 私が好きな曲  更新2017/2/12

題字は、みかちゃんフォントを使用しています。