備えあっても‥・
この、HPは「春夏秋冬」の付録です。 本誌も是非ご覧下さい。http://park10.wakwak.com/~photo/pindex.htm
このコーナーは地震の被害を減らす事が出来ればとの思いから作成しました。近年の国内地震で最大級は元禄地震です(2005年10月現在)。 2004年頃から千葉県内、特に九十九里浜を中心に調べ始めました。 地震の被害を防ぐ事は出来ませんが減少させる事はある程度可能です。自分の身は自分で守る。 元禄地震、関東地震、安政江戸地震等の歴史地震、兵庫県南部地震、中越地震等をお手本に、今後やってくるであろう大地震の対策を考えたいと思います。 地震発生直後は道路が寸断して救急車も、自治体の救援も期待できません。 最低3日間は自力で生き延びなくてはなりません。3日分の食料と水を確保しておきましょう。
2013年5月28日、政府の中央防災会議の作業部会(主査・河田恵昭(よしあき)関西大教授)は28日、マグニチュード9級の「南海トラフ巨大地震」対策の最終報告書を公表しました。その内容によりますと従来非常食の備蓄は3日間として来ましたが南海トラフ対策を勘案すると1週間の備蓄が必要と勧告しています。


                                       anc

 114.地震の後に起こること2013.4.30
宝永地震

 噴火の始まる49日前の10月4日(10月28日)に推定マグニチュード8.6〜8.7と推定される宝永地震が発生しました。震度・規模の予測方法は別の機会に記述します。この地震は定期的に巨大地震を起している2箇所の震源域、すなわち遠州沖を震源とする東海地震と紀伊半島沖を震源とする南海地震が同時に発生、またはこれらの震源域を包括する一つの巨大地震と考えられている。地震の被害は東海道、紀伊半島、四国におよび、死者2万人以上、倒壊家屋6万戸、津波による流失家屋2万戸に達したものと推定されます。
 宝永地震の翌日卯刻(6時頃)、富士宮付近を震源とする強い地震があり、駿河、甲斐付近では本震より強く感じられたという伝承が残っています、また11月10日(12月3日)頃から山麓で地響きが始まりました。また、この4年前、1703年・元禄16年11月23日(1703年12月31日)に発生した元禄地震の後にも、12月29日(1704年2月4日)頃から山鳴りが始まったことが『僧教悦元禄大地震覚書』に記されています。
噴火の始まり
宝永地震の余震と宝永火口付近直下の浅い地震活動が続く中、11月22日(12月15日)の夜から富士山の山麓一帯ではマグニチュード 4から5程度の強い地震が数十回発生しました。23日(16日)の10時頃、富士山の南東斜面から白い雲のようなものが湧き上がり急速に大きくなっていきました。噴火の始まりです。富士山の東斜面には高温の軽石が大量に降下し家屋を焼き田畑を埋め尽くした。夕暮れには噴煙の中に火柱が見え、火山雷による稲妻が飛び交うのが確認されました。
江戸の降灰
この噴火により江戸でも大量の火山灰が降った。当時江戸に居住していた新井白石はその著書「折りたく柴の記」に降灰の様子が書かれています。
「よべ地震ひ、この日の午時雷の声す、家を出るに及びて、雪のふり下るごとくなるをよく見るに、白灰の下れる也。西南の方を望むに、黒き雲起こりて、雷の光しきりにす。」  江戸でも前夜から有感地震があった。昼前から雷鳴が聞こえ、南西の空から黒い雲が広がって江戸の空を覆い、空から雪のような白い灰が降ってきたと記されています。
 また大量の降灰のため江戸の町は昼間でも暗くなり、燭台の明かりをともさねばなりませんでした。別の資料では、最初の降灰はねずみ色をしていたが夕刻から降灰の色が黒く変わったと記されている(伊藤祐賢『伊藤志摩守日記』)。
2日後の25日(18日)にも『黒灰下る事やまずして』(折りたく柴の記)と降灰の状況が記されています。ここで注目すべきは最初の火山灰は白灰であったが、夕方には黒灰に変わっている事である。噴火の最中に火山灰の成分が変化していた証拠です。この時江戸に降り積もった火山灰は当時の文書によれば2寸〜4寸(5〜10cm)であるが、実際にはもう少し少なかったと推定されます。東京大学本郷キャンパスの発掘調査では薄い白い灰の上に、黒い火山灰が約2cm積もっていることが確認されました。この降灰は強風のたびに細かい塵となって長く江戸市民を苦しめ、多数の住民が呼吸器疾患に悩まされました。当時の狂歌でも多くの人が咳き込んでいるさまが詠まれています。
これやこの 行も帰るも 風ひきて 知るも知らぬも おほかたは咳
(蝉丸の「これやこの行くも帰るも別れつつしるもしらぬもあふさかの関」をもじったもの。)
噴火の推移
宝永大噴火は宝永4年11月23日(1707年12月16日)に始まり12月8日(12月31日)に終焉しました。この期間噴火は一様ではなく最初の4日は激しく噴火したが、その後小康状態をはさみながらの噴火が続きました。以下噴火の推移を説明すると...。
11月23日(12月16日):昼前から噴火が始まる。火口の近くには降下軽石が大量に落下し江戸まで白っぽい火山灰が降りました。午後3時頃小康状態となるが夕方から再度激しくなる。夕方からの降灰は黒色に変わり、火口近くにはスコリアが降下した模様。噴火は夜も続き、11月24日(12月17日):朝方一旦静まるが、その後小田原から江戸にかけて終日断続的に降灰の模様。 11月25日(12月18日):前日同様朝小康状態のあと、断続的に噴火。江戸にも降灰。 11月26日(12月19日):江戸では断続的な降灰が続くが、小康状態の期間が多くなってきました。
11月25日〜12月7日(20日〜30日):噴火の頻度や降灰量が減り 12月8日(12月31日):夜になって噴火が激しくなりました。遅くに爆発が観測され、その後噴火は終焉しました。 その時の噴火口、噴火によって隆起してできた宝永山は現在でもはっきりと確認できます。沼津方面から見ると正面に見えます。当時の浮世絵にも描かれ残されています。
 経緯を書き綴ってきましたが、地震のあとに噴火活動が活発になるなど、今後発生するであろう「東海・東南海・南海地震」では注意が必要です。 今回の東日本大震災もあと10年程度は噴火の励起もありえるのです。

 113.企業の社会的責任2013.4.8
 最近よく聞くようになったCSRですが、真の意味を知る人ばかりではないようです。CSRはcorporate social responsibilityの略ですが、アメリカの証券取引所に上場している企業に義務付けられた企業の社会的責任です。
 企業が事業活動において利益を優先するだけでなく、顧客、株主、従業員、取引先、地域社会などの様々なステークホルダーとの関係を重視しながら果たす社会的責任の事です。 具体的には、安全で高品質な製品・サービスの提供、環境への配慮、社会的公正・倫理にかなった活動などを行っているかなどが挙げられます。このような社会的責任を果たすことにより、業務プロセス改善によるコスト低減、技術・サービス革新、企業イメージの向上など様々なメリットがあるといわれ、CSRに積極的に取り組む動きが広がっています。日本でも、従来の「環境報告書」を「CSR報告書」へ改題するなど、社会的責任としての活動を広く捉え、アピールする企業が増えてきています。
 また、近年では社会的責任を十分に果たしている企業に投資する、社会的責任投資(SRI)という考えもあります。これは、従来の財務面による投資基準に加え、社会的責任を果たしているかを投資基準に加えて投資行動を行うことで、企業がCSRへの対応を迫られる要因の1つとなっています。今回の震災も例外ではありません。復旧・復興支援に於いても地域等のステークホルダーに対しどれほどの貢献があったか報告書があがっています。 社屋の一部を地域のステークホルダーに貸し出して復旧・復興に役立てた内容がこの報告書に掲載され、併せて感謝状も載っています。少々いやらしくもあります。


 112.大仏殿2013.3.28
 明応地震は明応7年(1498年)に発生した海溝型の地震です。津波が発生し房総から紀伊にかけての海岸と甲斐で揺れが大きく(推定震度5〜6)津波の被害が発生しました。記録を見る限り熊野本宮の社殿が倒れたと記載されていますが、熊野で津波は考えにくく、おそらく揺れによる倒壊と思われます。
 津波被害に関しては鎌倉の高徳院(大仏)の大仏殿が流されたとの伝承もありますが昨年の8月21日付の朝日新聞によるとこの地震による津波ではなく明応地震の3年前、相模トラフで発生した地震による津波が原因とする記事もあり特定できていません。

 1498年(明応7年)の明応地震は、南海トラフに沿って、駿河湾以西で起こっていますので、明応地震による津波が、伊豆半島の反対側にある鎌倉を8mの高さで襲うということは考えにくく、明応4年に関東で大地震があったので、この時の津波と混同された可能性があるということです。記録的には、明応4年の大地震について古文書(鎌倉大日記)に書かれているようです。 小欄ではひとまず鎌倉大日記の記述のとおり辿っていきます。 
 大仏殿の流失を引き起こす津波高が8〜10mと想定していますが高徳院まで届いてしまうのでしょうか。(手前の長谷寺に被災の記録がありません。)
 ところで、1703年には相模トラフ起源の巨大地震である元禄関東地震が起こりましたが、その4年後の1707年には南海トラフによる宝永地震が起こります、この時は富士山の噴火を励起しました。相模トラフを震源とする関東の大地震の3〜4年後に、南海トラフを起源とする大地震が起こったという事実には、注意が必要です。東京大地震が近いうちに発生するという観測がある中で、これが南海トラフ連動地震の引き金となる可能性が否定できないからです。

 111.東日本大震災、A企業の場合2013.3.27
 自治体だけでなく地震発生直後から企業の動きは活発でした。そもそもの出発点は日頃の防災意識もさることながら阪神淡路大震災の教訓が活きていました。 ある電話会社の場合、阪神エリアには全国の拠点から応援の技術者が参集しました。日本中の機材が集められ一夜のうちにふだんの建設工事の一か月分の設計量により復旧支援の土台が出来上がりましたが問題となったのは道路の寸断でした。ソフトはできてもハードが修復できないことでした。 資材搬入に当たっては海路と空路に切り替えられ物品所要が守られました。 ある社員は実家の漁船を繰り出して試験機器の搬送を果たしました。そんな経験を積み上げたところに今回の震災です。 東北に向けて首都圏から修理用資材が振り向けられました。首都圏内の保全物品が全て東北向けに...。 首都圏内で物品の不足もでる事もありましたが発災から半年ほどで緊急対応が達成できました。この辺りの対応につきましては今後小欄でご紹介しますが項目だけでもここでご紹介しましょう。@地震による故障の規模(件数)、種類A津波による故障の規模(件数)B応援稼動C復旧の稼動(動員の規模)等々。
 ここでは触れませんが交換機の予備伝送路。重要回線の異経路2ルート化。神経系回線の二重化等がありました。

 110.東日本大震災、旭市の場合2013.3.25
 旭市は震災発生から一年経って「被災地あさひ」を刊行しました。副題に被災から復旧そして復興へとあります。体裁はA4版でDVDが付録としてあります。
「あのとき、私たちは何を考え、どう行動したのだろうか」これがコンセプトです。興味深い内容ばかりです。ドキュメンタリーとしての読み物でもあり、記録資料としても有効に活用できます。
 なによりも、警察官の人としての行動・体験談やホテル支配人の行動、惨状を目前にした時の人の行動が非常に印象的です。 巻末の資料も有益でした。今後は「被災地あさひ」の内容もご紹介します。
資料としてはもう少し掘り下げていただけたらと思う処もありますが短期間にこういった刊行物を出してもらえることはとてもよい事です。

 109.津波警報が変わった。2013.3.22
気象庁のHPから抜粋しました。

 既に新聞や放送で周知されていますが、東日本大震災の災害を踏まえてより高くより早く非難できるように新たな考え方を導入したと気象庁では周知・広報を行っています。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/books/tsunami_dvd_sonaeru/honpen_JP.html
このURLは津波の被害を忘れないよう印象つけようとしています。 確かに有効な教材ですのでご覧になってみては如何でしょうか。旭市の津波も開始6分位に登場します。

津波警報の改善のポイント
巨大地震による津波の規模の過小評価を防止します
 津波警報の第一報では、津波の高さは地震の規模や位置を基に推定します。しかし、マグニチュード8を超えるような巨大地震の場合は、精度のよい地震の規模をすぐには把握できません。そこで、地震波の長周期成分の大きさや震度分布の拡がりなどから、巨大な地震の可能性を評価・判定する手法を新たに用意しました。
 地震の発生直後、即時に決定した地震の規模が過小であると判定した場合には、その海域における最大級の津波を想定して、 大津波警報や津波警報を発表します。これにより、津波の高さを小さく予想することを防ぎます。

「巨大」という言葉を使った大津波警報で、非常事態であることを伝えます
 巨大地震が発生した場合は、最初の津波警報(第一報)では、予想される津波の高さを、「巨大」、「高い」という言葉で発表して非常事態であることを伝えます。
「巨大」という言葉で大津波警報が発表された時は、東日本大震災クラスの非常事態であるため、ただちにできる限り高いところへ避難してください!

精度よく地震の規模が求まった場合には、
予想される津波の高さを、1m、3m、5m、10m、10m超の5段階で発表します
巨大地震の場合でも、地震発生から15分ほどで精度のよい地震の規模が把握できます。その時は、予想される津波の高さを「巨大」「高い」という言葉での表現から、5段階の数値での発表に切り替えます。
 また、巨大地震ではなく、地震の発生直後から精度よく地震の規模が求まった場合は、初めから5段階の数値で発表します。

 予想される津波の高さは、各区分の高い方の値を発表します。
 例えば、3〜5メートルの津波が予想された場合は、「大津波警報」を発表し、「予想される津波の高さは5m」と発表します。

精度よく地震の規模が求まった場合には、
予想される津波の高さを、1m、3m、5m、10m、10m超の5段階で発表します
 巨大地震の場合でも、地震発生から15分ほどで精度のよい地震の規模が把握できます。その時は、予想される津波の高さを「巨大」「高い」という言葉での表現から、5段階の数値での発表に切り替えます。
 また、巨大地震ではなく、地震の発生直後から精度よく地震の規模が求まった場合は、初めから5段階の数値で発表します。

 予想される津波の高さは、各区分の高い方の値を発表します。
例えば、3〜5メートルの津波が予想された場合は、「大津波警報」を発表し、「予想される津波の高さは5m」と発表します。

沖合で観測された津波の情報をいち早く伝えます
 沖合の観測データを監視し、沿岸の観測よりも早く、沖合における津波の観測値と沿岸での推定値を発表します。
このとき、予想よりも高い津波が推定されるときには、ただちに津波警報を更新します。

いずれにしても普段から内容を熟知しておきましょう。

災害は「忘れたころにやってくる。」寺田寅彦の言葉ですが忘れることは感心がなくなること。内容に無頓着なこと。忘れないようにお互いを啓発することです。


 108.津波碑新設2013.2.11
 2013年2月10日、飯岡のライオンズ公園で記念モニュメントの除幕が行われました。旭市の明智忠直市長らお歴々の臨席のもとセレモニーが終了しましたが思い起こすと元禄の大津波から300年を経て再び災害がやってきました。減災は図られたのか心配ばかりです。今日、このモニュメントの除幕を見て忘れじの碑がまた一つ増えただけではないでしょうか。旭市の取り組みは多岐に渡ります。今後の取り組みに期待します。
 モニュメントは、地元の飯岡ライオンズクラブが、大きな被害をもたらした津波を、忘れてはいけない教訓として後世に伝えることで防災意識を高めようと建立した由。黒御影、白御影石の石碑2基に、被災状況や津波到達高、「伝えつなぐ大津波」の文字などが刻まれています。除幕式後には、市復興計画や震災の記録誌、飯岡地区の小中学生22人の体験作文などがタイムカプセルに収められ、30年後に開封される予定ということです。
 同クラブの向後充会長は「タイムカプセルを開封する子どもたちにも、必ず感じるものがあると期待している」と話していました。
開ける前に災害があるかも...。その辺りの啓発を期待しますがタイムカプセルがメインのようでした。
【千葉県旭市萩園(旧、国民宿舎:飯岡荘前)】

 107.恵鏡院、津波供養碑2012.6.2
 恵鏡院は伊東市川名の曹洞宗の寺院です。今回訪れた伊東市の寺は恵鏡院で3っつ目です。 いずれも相模湾沿いの海岸近くの寺院です。房総半島も伊豆半島も相模湾を震源とする地震に被害を蒙ってきた歴史があり被害は深刻です。房総半島では九十九里中部の匝瑳市木戸川から南房総市まで大きなものだけで18基の供養碑があります。内房を含めると40基ほどあるでしょうか。 それに比べると伊豆半島に存在する「碑」の類は元禄地震津波のものは3寺院の4基しかありません。関東大震災の碑を含めても7基に止まります。これは何を表すのか戸惑いを覚えます。
房総半島に比べて同一震源の場合伊豆半島側の津波が少ないか規模が小さいのか?海の深さを比較すると伊豆のほうが深いかも知れません。しかし津波の規模を左右する程の違いは無い筈です。海岸から海面までの高さもさほどの差はありません。
 元禄地震の際の房総半島西側〜南端の地盤隆起はとても顕著です。房総半島の東側は隆起も沈降もなく富津より南側の鋸南町付近が沈降しているのが不思議です。この起・沈降は関東大震災でも同じような傾向を示しています。 伊豆半島ではどうでしたでしょうか。残っている記録を分析しても前回の記述以上には掘り下げられません。 佛現寺の記録が比較的詳細に感じられる程度です。そもそも津波供養の碑は後年建て替えられることが多く伝言ゲームのように碑面の記事が変化する事があるのでは?と思い調べようとしましたがその術がありません。
 冒頭記したように曹洞宗のこのお寺は伊豆急川名駅近くの県道から坂道を登ると駐車場があり碑はその一角にあります。 以前は川名の集落に存在したという林光院の大門にあったものを廃寺を期に此処に移されたといいます。 元禄十六年未年十一月念二夜施□有縁無縁萬霊等 地震並津波村中死人数二百人□□□ 。 年号と犠牲者数が刻まれていました。
伊東市の地名の由来は伊東氏が納めた土地から来ていますが異説もあります。現在伊東市内に「猪戸」という地名の集落があります。猪戸では山でけがをしたイノシシが下りてきて、温泉で傷を癒やしたという言い伝えが残ります。これをきっかけに実際に源泉が見つかり、伊東(猪戸)温泉として栄えたといいます。地震や津波には関係ありませんでした。
【静岡県伊東市川名1312-1】

 106.佛現寺供養碑2012.5.27
東名高速 厚木ICから小田原厚木道路で小田原市へ。そして国道135号を南下し前項の伊東市宇佐美の行蓮寺から海沿いを走ると道の駅「伊東マリンタウン」があります。
伊豆の海に面した華やかな外観を持つ建物群が印象的な駅。伊豆を肌で感じる土産品が並ぶ売店や海の幸たっぷりの食事処群からなるオーシャンバザール、そしてシーサイドスパ(温泉施設)、遊覧船等、楽しめる施設が沢山ありますが300年前の元禄津波の時はこの一帯が海に飲み込まれ大きな被害が出ました。この道の駅から10q程の所に伊東市役所があります。伊東市は海に面した海洋観光地です。観光と津波被害が糾う皮肉も感じますが今回の目的地は市役所の隣にある佛現寺供養碑です。
伊東市所蔵の伊東町史によりますと和田村の項に興味深い記述があります。「和田村溺死者百六十四人」と記されています。記録の残る文禄三年(1594年)には和田村は戸数126戸、人口560人。津波の七年後の宝永七年には76戸、430人の人口です。すべてが津波が原因でないとしても50戸・130人の減少です。30%の減少は一村全滅した関村(現千葉県白子町)を思い浮かべます。この村の言い伝えによりますと「佛現寺の松の木に藻草が掛かっていた。」とあります。和田村の海岸域の玖須見地区には山平旅館あたりから東の浜宿辺りの砂丘上に十本松という集落に津波の犠牲者の供養碑がありました。この供養碑が仏現寺に移されたのは伊東町史にも記されています。写真の手前左から二基目の石碑には「南無妙法蓮華経 下田新五郎詩之、元禄十六年葵未十一月二十三日地震津波当村水没之男女百六十三人各弔菩提也」とあります。さらに伊東誌には「十劫山浄円寺、和田村、伊豆志日、昔は草庵にて岡村にあり、寛永中間観誉上人、和田村に移し寺と成し知恩院に隷す。元禄葵末の浪立(つなみ)にあい又今の地に立つ」と書かれています。つまり津波で寺が移転した事が記録されているのです。
また、和田村の温泉についても記述があり「元禄十六年津波にて村中湯舎とも引き取られ(中略)和田村溺死者百六十余人」と記載され温泉で繁盛していた和田村の家屋も津波により流失した事が記録されています。
石碑の被害者の数と一致しています。つまりこの石碑は温泉で働いていた従業員の数であろうと推察されます。ひょっとすると湯治客も含まれているかも知れません。前述の和田村の人口の推移も興味深いものです。たった一度の津波で村の人口が30%も減少したのは間違いではありません。時期は現在の暦では大晦日です。溺死だけではなく低体温症によるものも半数はあったと思われます。「時の運、季節の運」と言ってしまえばそれまでですが我々はどこに住めば安全なのか考えなくてはいけません。
写真左2基は元禄碑、その右の笠塔は関東大震災の碑。 【伊東市物見が丘2-30】

 105.静岡県の元禄地震碑2012.5.22
元禄地震の被災地というと房総の津波被害が真っ先に思い起こされますが県外にも被害が及んでいます。写真は静岡県伊東市宇佐美にある行蓮寺ですが津波により死亡した約380人を供養しています。 元禄の津波は伊東市の宇佐美から川名一帯に押し寄せた記録が残っています。写真の左上の一コマ、一番左の墓碑には当時の貴重な様子が記されています。元禄地震の70年前に起きた寛永小田原地震の様子が書かれています。寛永小田原地震の際は地震発生後暫くして津波がやってきたのでその経験から津波の準備をしていたが思いがけずすぐに津波が来て多くの人が被災した旨記されています。原文を紹介します。
元禄十六年十一月二十二日夜半東国大地震動寝席欲起轉欲立倒人皆思惟天地滅却震止後心地如甦村老相集謂伝聞寛永十葵酉年正月十九日大地震之時河井水乾海面退五六町魚在沙上敷多也父走取之帰陸後津浪漸来民屋漂破溺死者両三人今生当七十一年今又然哉興否哉隣家互音問臨河井水不乾窺海上潮不退而津浪俄来周章騒動難逃走家屋屋漂流溺死者大凡及三百八十余人運命尽期乎将又前世之宿因所感乎今正當六十年天運循環無不往復願後人人為令遁復轍之■記
要約すると元禄16年11月22日深夜、大地が鳴動し立っていられない状態で誰もがみな大地が滅却したと感じた。地震がおさまり我に返ると皆三々五々集まってきた。村の古老の言うには寛永10年正月の大地震の時は河川や井戸の水が涸れ、海は潮が五・六町沖(5・6百メートル)迄引き魚が多く残された。男どもがこの魚を取って陸に上がったうえでようやく津波が来た。家屋は流失したが溺死者は2〜3人に留まった。あれから71年今回も同様だろうと隣近所で話し合っていたが川の水が涸れる事も海の潮も全く引かず津波が突然襲ってきた。あっという間の出来事で逃げ遅れた死者は凡そ380人に達した。真さにこの世の終わりの様であった。一体、これは前世からの約束ごとであろうか。元禄の大津波から60年たった今、再びかかることのないように願わずにいられない。と記されている。以上の記録は写真左上の左の碑に刻されている。
この寺は宇佐美海岸から100b程の海岸に面し参道の先の階段中段辺りに元禄地震から220年後の大正12年の関東大震災により引き起こされた津波が到達したモニュメントがあります。
昔の人たちの後世に残してくれた記録は貴重なものです。この地域には佛現寺と恵鏡院にも碑が残されています。
今回の行蓮寺は伊東市宇佐美337に所在します。
P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13
[編集]
CGI-design