歌 舞 伎
- 観 劇 記 -



平成30年5月

團菊祭五月大歌舞伎
歌舞伎座

演 目 役 者 観 劇 記


成田山開基1080年
二世市川團十郎生誕330年
安田蛙文、
中田万助作

通し狂言
雷神不動北山櫻





 海老蔵

 菊之助

 松 也

 錦之助

 雀右衛門


 


  平安時代、陰陽師阿部清行は早雲王子が帝位につくと世が乱れると予言。帝は高僧鳴神上人に命じ、妃が身ごもった女子を「変成男子」の行法によって男子に変え世継ぎとする。
  帝位継承の望みを絶たれた早雲王子は鳴神上人を都から追放すると、都は日照りとなり、民衆は旱魃に苦しむことになった・・・
  歌舞伎18番の「毛抜」、「鳴神」、「不動」の三演目が含まれる成田屋所縁の演目で、豪快な荒事、早替わりなどが見応えある舞台となっている。




女伊達

 長唄囃子連中




 時 蔵

 錦之助

 種之助

 橋之助


 


 桜が満開の新吉原仲之町、美しい女伊達が颯爽と現れ、掴みかかる大坂の男伊達を打ち負かす。
  気風の良い江戸の女伊達tの凛々しく可憐な舞踊で、江戸の粋を鮮やかに描き出している。





平成13年平成14年平成15年平成16年平成17年平成18年

平成19年
平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年

平成25年 | 平成26年 平成27年 平成28年 |平成29年 |平成30年


松竹・歌舞伎 公式ホームページ




TOP 北海道 東 北 関 東 中 部 近 畿 中国四国 九州他


Hitosh