歌 舞 伎
- 観 劇 記 -



平成30年7月

松竹新喜劇劇団創立70周年記念公演
新橋演舞場

演 目 役 者 観 劇 記


茂林寺文福
舘直志 合作

人生双六

  三場




藤山 扇次郎
 
曾我廼家八十吉


 


  大阪のとある高架下。職を失い雪の中を彷徨い、ホームレスに絡まれているところを、同じく失業中の男に助けられる。
  二人は意気投合し、互いの成功を祈り、5年後にこの場所での再会を約束し合う。

     そして約束の日、二人の人生双六はどうなったか。人の心の温かさの詰まった人情劇となっている。




70周年御礼口上

  


渋谷 天外

高田 次郎

小島慶四郎

劇団員一同


 


   劇団創立70周年、ここまでの劇団の歩みをフィルムで紹介した後、劇団員勢揃いで浴衣姿での御礼口上であった。




茂林寺文福作
「七両二分」より
平戸啓二脚色

峠の茶屋は大騒ぎ!!


  二場




 渋谷 天外

 久本 雅美


 


 経師屋の若旦那は、常磐津の師匠に入れあげ、店の大切な掛物を質入れしてしまう。
  今日中に請け出さなければ掛け軸は質ながれ、そうなれば勘当されて死ぬしかないと思い詰める若旦那に、大工の長兵衛は、何とか金を工面すると約束してしまう。しかし、その当てもなく・・・
  芝居好きの妹とある計画を企む。とそのあとは、どたばたな爆笑喜劇です。
  




平成13年平成14年平成15年平成16年平成17年平成18年

平成19年
平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年

平成25年 | 平成26年 平成27年 平成28年 |平成29年 |平成30年


松竹・歌舞伎 公式ホームページ




TOP 北海道 東 北 関 東 中 部 近 畿 中国四国 九州他


Hitosh