歌 舞 伎
- 観 劇 記 -



平成29年6月
六月大歌舞伎

歌舞伎座


演 目 役 者 観 劇 記


池田大伍作

名月八万祭

(めいげつはちまんまつり)

  3幕4場




 松 緑

 笑 也

 亀 蔵

 猿 弥
 
 猿之助


 


  越後の実直な商人は深川きっての芸者に惚れこんでしまう。
  芸者より一緒に暮らしてもいいと言われ、深川大祭に必要な百両の用立てを頼まれる。
  故郷の家屋敷を売り払い金を用意するが、芸者は別のところより金を得たため、約束を反故にされる。
  純朴な男が翻弄された末に迎える悲劇となっている。




木村富子作
浮世風呂
(うきよぶろ)

  常磐津連中


 


 猿之助

 種之助


 


  風呂屋で、赤い下がり姿の三助が、湯加減を見たり、客の背中を流したりしていると、そこへ女の姿をしたなめくじが現れ、三助を口説きにかかる。
  三助は気味が悪いと、塩をかけて退散させる。
  洒落た味と軽快な動きの舞踊劇です。




御所桜堀川夜討
(ごしょざくらほりかわようち)

  弁慶上使

  1幕


 


 吉右衛門

 又五郎

 高麗蔵

 雀右衛門


 


  懐妊の為静養中の義経の正室のところに、頼朝の命を受け武蔵坊弁慶が現れる。
  平家の平時忠の娘である正室の首を討つように命令されていたのだが、その身代わりとして侍女の首をはねるが、この侍女が弁慶の実の娘であった・・・。
  弁慶が生涯でたった一度だけ恋をし、大泣きをしたという伝説をもとにした時代物です。




平成13年平成14年平成15年平成16年平成17年平成18年

平成19年
平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年

平成25年 | 平成26年 平成27年 平成28年 |平成29年


松竹・歌舞伎 公式ホームページ




TOP 北海道 東 北 関 東 中 部 近 畿 中国四国 九州他


Hitosh